進学ナビ

HOME > 中日新聞掲載の大学記事 > スポーツ

中日新聞掲載の大学記事

スポーツ  2021.12.14

この記事の関連大学

東海学生駅伝 女子 名城大 圧巻V15 男子 愛工大 3年連続2位

(左)笑顔を見せて1位でゴールする名城大アンカーの増渕選手=南知多町で(右)一斉にスタートする男子の選手たち=武豊町の武豊緑地で

(左)笑顔を見せて1位でゴールする名城大アンカーの増渕選手=南知多町で(右)一斉にスタートする男子の選手たち=武豊町の武豊緑地で

 第83回東海学生駅伝対校選手権大会と、第15回東海学生女子駅伝対校選手権大会(東海学生陸上競技連盟、中日新聞社主催)が12日、知多半島一帯であった。県勢女子は名城大が優勝して第1回からの連覇記録を15にのばし、男子は愛知工業大が3年連続となる2位に入った。初出場の日本福祉大女子は5位だった。

 名城大は全区間で先頭を守り続け、2位の中京学院大(岐阜県)に2分20秒差をつけてゴール。1区井上葉南(4年)、3区和田有菜(同)、5区増渕祐香(2年)の各選手が区間賞を獲得するなど、圧倒的な走りを見せた。

 愛知工業大はレース後半、岐阜協立大(岐阜県)に抜かれて一時3番手に。だが、アンカーの苅谷真之介選手(2年)が区間賞の走りで、2位に順位を上げてゴールした。苅谷選手は「たすきとともに、みんなの思いを背負った。7区は重要区間と意識して、区間賞を目指した結果」と振り返った。 (高田みのり)

◇東海学生駅伝
【チーム成績】
(1)皇学館大3時間16分10秒(2)愛知工業大3時間17分34秒(3)岐阜協立大3時間18分53秒(4)名古屋大3時間19分37秒(5)中京大3時間21分44秒(6)南山大3時間29分16秒

【区間賞】
1区 中尾啓哉(岐阜協立大)25分43秒▽2区 森川陽之(名古屋大)32分00秒▽3区 鈴木翔也(皇学館大)24分40秒▽4区 浦瀬晃太朗(同)26分08秒▽5区 横田佳介(中京大)32分06秒▽6区 中川雄斗(皇学館大)16分42秒=区間新▽7区 苅谷真之介(愛知工業大)37分47秒

◇東海学生女子駅伝
【チーム成績】
(1)名城大1時間28分12秒(2)中京学院大1時間30分33秒(3)至学館大1時間38分59秒(4)中京大1時間39分10秒(5)日本福祉大1時間39分15秒(6)静岡大1時間41分49秒

【区間賞】
1区 井上葉南(名城大)11分26秒▽2区 山本有真(オープン参加の名城大B)13分13秒▽3区 和田有菜(名城大)18分48秒▽4区 稲葉夢香(中京学院大)16分54秒▽5区 増渕祐香(名城大)27分22秒

(2021年12月14日 中日新聞15面より)

戻る < 一覧に戻る > 次へ

資料請求・願書請求 この大学のHPを見る