進学ナビ

HOME > 卒業後の進路

卒業後の進路

活躍の場を大きく広げる愛工大の卒業生たち

各専攻の就職担当教員とキャリアセンター職員との連携で、きめ細かな指導を実施

キャリアセンターイメージ
愛工大の最大の特徴ともいえるのが「就職の強さ」。
就職の難しさが叫ばれるなかでも、愛工大の卒業生はさまざまな業界で高く評価されています。

就職支援に関しては、入学時から職業観を鍛える機会を豊富に設け、進路のミスマッチをまくす徹底した指導が特徴です。

愛工大のキャリアデザインのステップ
【1年次】「開発」・・・目標を定め、4年間のスケジュールを立てる。
【2年次】「養成」・・・専門分野の学びを深めながら、可能性を広げていく。
【3年次】「準備」・・・理想の進路を再確認し、就職活動をスタート。
【4年次】「実現」・・・採用試験にチャレンジ。夢の実現に全力を尽くす。

企業との太いパイプを活かした数多くのイベントを開催

愛工大の母体である名古屋電気学園の後援会組織「愛名会」に加盟している企業が参加する学内企業展や、400社以上の採用担当者を招いたイベントを実施しています。

また各都市で地元企業交流会を開催するなど、Uターン就職の支援にも力を注いでいます。

2019年3月卒業生の実就職率「全国2位」

 サンデー毎日8月4日号に掲載された全国240大学の実就職率ランキング(卒業者1000人以上)で、本学はこれまでで最高の2位にランク付けされました。昨年の3位からさらに順位を上げ、「就職に強い愛工大」の地位を不動のものにしています。

 同ランキングによると、本学は実就職率98.0%(前年度97.1%)で、全国で金沢工業大の98.1%に次いで2位、東海地区で1位でした。

 実就職率とは「卒業生から大学院進学者を引いた学生に対する就職者の割合」を算出したものであり、「就職希望者に対する就職者の割合」で算出される就職率と比較して低くなる傾向にありますが、より実態に即した就職状況を把握できることから、近年、各大学の「就職力」の指標として、多くのメディアで採用されています。

 学生自身の努力はもちろんのこと、本学後援組織である「愛名会」会員企業によるバックアップのほか、教員の熱心な就職指導やキャリアセンターのさまざまな支援プログラムなど、学生一人ひとりの主体性を促す総合的なキャリア支援体制により、全国トップレベルの実就職率を維持しています。

※「サンデー毎日」のデータは大学通信調べ


【実就職率】2019年3月卒業生 大学全体98.0%

※実就職率(%)=就職者数÷「卒業者数−大学院進学者数」×100
※大学通信調べ

学部・学科一覧

学 部 定員 学 科 定員 コース 定員
工学部 995 人 電気学科 270 人 電気工学専攻 135 人
電子情報工学専攻 135 人
応用化学科 135 人 応用化学専攻 80 人
バイオ環境化学専攻 55 人
機械学科 250 人 機械工学専攻 160 人
機械創造工学専攻 90 人
土木工学科 120 人 土木工学専攻 70 人
防災土木工学専攻 50 人
建築学科 220 人 建築学専攻 140 人
住居デザイン専攻 80 人
経営学部 130 人 経営学科 130 人 経営情報システム専攻 80 人
スポーツマネジメント専攻 50 人
情報科学部 190 人 情報科学科 190 人 コンピュータシステム専攻 110 人
メディア情報専攻 80 人

お問い合わせ

住所 〒470-0392 愛知県豊田市八草町八千草1247
電話番号 0565-48-8121(代表)
HP http://www.ait.ac.jp/

キャンパス所在地

八草キャンパス 愛知県豊田市八草町八千草1247
アクセス MAP
自由ヶ丘キャンパス 名古屋市千種区自由ヶ丘2丁目49-2
アクセス MAP
本山キャンパス 名古屋市千種区東山通1丁目38番1号
アクセス MAP
資料請求・願書請求 この大学のHPを見る