進学ナビ

HOME > 中日新聞掲載の大学記事 > 大学野球

中日新聞掲載の大学記事

大学野球  スポーツ  2022.04.10

この記事の関連大学

大学野球 愛知春季L開幕 中京大逆転勝ち

東海学園大戦に先発した中京大・漢人=パロマ瑞穂球場で

東海学園大戦に先発した中京大・漢人=パロマ瑞穂球場で

 1部は9日、名古屋市のパロマ瑞穂球場で開幕して1回戦3試合が行われ、昨秋覇者の中京大が3-2で東海学園大に、中部大が5-4で愛工大にそれぞれ逆転勝ち。名城大は10-1で愛院大に大勝した。

 中京大は1回、敵失の間に2者が生還し逆転。4回に小柳津の適時打で加点し逃げ切った。東海学園大は高橋が12奪三振と力投したが実らなかった。中部大は1-4の4回に藤沢の2点適時二塁打などで追い付き、6回に併殺の間に勝ち越した。名城大は1回、伊藤雄の適時二塁打などで3点を先制し、以降も得点を重ねた。

 今季は昨秋に続きポイント制で行われ、中京大、中部大、名城大がそれぞれ3ポイントを獲得した。

■先発・漢人粘投 連覇へ好発進

 秋春連覇を狙う中京大の先発漢人(かんど)は、力のある直球を軸に7回途中2失点の好投。8安打を浴びながら要所を締めた。最速150キロを誇る右腕は「球速ではなく制球を重視し、粘って投げられた」と胸を張った。

 1回、先頭に四球を与え、続く打者の右翼線を破る二塁打で失点。「バントしてくると決めつけて甘くなった」。出ばなをくじかれたが、以降は緩い変化球も交えて低めを丁寧に突き、追加点を許さなかった。

 昨秋は肘を痛め、登板ゼロ。開幕前の練習試合での安定感が評価され、初戦を任された。脚がつって降板するまできっちり試合をつくり「よく立ち直った」と半田監督。漢人は「先発で5勝が目標」とフル回転を誓った。

▽パロマ瑞穂 (中京大1勝)
東海学園大 100000100|2
中京大 20010000x|3
(東)高橋-山本
(京)漢人、三浦-小柳津

▽同 (中部大1勝)
愛工大 040000000|4
中部大 00130100x|5
(工)室田、高井-野崎翔、二村
(部)茶谷、古沢、水谷-清水智

▽同 (名城大1勝)
名城大 300050200|10
愛院大 010000000|1
(城)真田、松本凌-野口
(院)池村、渡辺蒼、石原-三島有、村北

◇2部(9日・愛知東邦大ほか)
星城大 5-3 至学館大
名経大 8-4 愛教大
東邦大 3-2 同朋大
愛大 5-3 名産大
名大 3-0 日福大
名院大 10-1 名商大

(2022年4月10日 中日新聞朝刊20面より)

戻る < 一覧に戻る > 次へ

各種お問い合わせ この大学のHPを見る