進学ナビ

HOME > 中日新聞掲載の大学記事 > 大学野球

中日新聞掲載の大学記事

大学野球  2019.10.07

愛知大学野球 秋季リーグ 中京大・沢井サヨナラ弾 V戦線とどまる 中京大・東海学園大勝ちタイ

中部大-中京大 9回裏中京大無死、沢井が右越えにサヨナラ本塁打を放つ=豊田市運動公園野球場で(田中利弥撮影)

中部大-中京大 9回裏中京大無死、沢井が右越えにサヨナラ本塁打を放つ=豊田市運動公園野球場で(田中利弥撮影)

 愛知大学野球秋季リーグ戦(中日スポーツ後援)は6日、豊田市運動公園野球場で第6週の2試合があり、中京大と東海学園大が勝っていずれも対戦成績を1勝1敗とし、3回戦に持ち込んだ。中京大は同点の9回、5番・沢井廉外野手(1年・中京大中京)がサヨナラ本塁打を放ち、優勝戦線に踏みとどまった。東海学園大は木原大地投手(3年・愛知黎明)が完投勝利を飾った。

■1年生が大仕事

 負ければ優勝争いから脱落する崖っぷちで、中京大が一発攻勢で生き残った。大仕事をやってのけたのは、1年生ながら中軸に座る沢井だった。9回裏無死の4球目、真ん中低めチェンジアップをすくい上げ、右翼席へズドン。公式戦初本塁打がサヨナラ弾となった。

 「最後はおいしいところをもらっちゃいました。『持ち味を消しちゃダメ』という松井さんの助言のおかげ。相手の配球を気にしすぎていたけど、自分のインパクトの強さを意識し引っ張ることができました」

 「松井さん」とは、両チーム計5本塁打の空中戦の幕開けを告げた4番の松井祐紀(3年・掛川西)。2回と4回、いずれもスライダーを左越えに運び、人生初という2打席連発。ホームインすると、待ち受けた沢井とハイタッチ。「あいつはすごい」と認めるルーキー砲に火を付けた。

 半田卓也監督(36)は「松井は4番の仕事をし、沢井はこれから打線を背負う存在。打つべき人が打った。長打はウチの持ち味。後は力を出し切るだけ」。勢いづいた打線で、V切符の勝ち点をもぎ取る。 (志村拓)

■残留へフル回転だ 東海学園大・木原

 東海学園大の木原はフィールディングを買われ、この日の朝に伝えられたサプライズの先発登板だった。左スリークオーターから低めを突き、3安打1失点で「1年生のとき以来でしょうか」という完投勝利。秋季リーグ初の勝ち点獲得に望みをつないだ。チームは1部残留へ正念場が続く。「救援でも頭からでも、とにかくテンポ良く投げて守備からリズムをつくりたい」とフル回転を誓った。

 ▽2回戦(1勝1敗)
名城大 000000010―1
東海学園大 01000300x―4
本塁打 名古路(東)

 ▽2回戦(1勝1敗)
中部大 102000100―4
中京大 010111001―5
本塁打 杉本、中川(部)、松井2、沢井(京)

(2019年10月7日 中日スポーツ9面より)

戻る < 一覧に戻る > 次へ

各種お問い合わせ この大学のHPを見る