中部の大学関連ニュース

日進市の財政知って 椙山女学園大生 パンフ作成、発表

市の財政状況をパンフレットにまとめた学生たち=日進市役所で
市の財政状況をパンフレットにまとめた学生たち=日進市役所で

 日進市にキャンパスがある椙山女学園大の学生たちが、同市の財政状況を分かりやすくまとめたパンフレットを作成し、市役所で17日に発表した。

 市内の若い世代に市の財政を知ってもらおうと、同大現代マネジメント学部で企業会計を学ぶ3年生11人が、市財政課と連携して作った。

 B4判のパンフレットに、市の2014年度のバランスシート(貸借対照表)を分析した結果を掲載した。市の資産の9割以上を道路や学校などの施設が占めていることや、公共施設の老朽化率が08年からの6年間に8.8ポイント高くなっていることなどを示した。

 同学部の吉川加奈子さん(21)は「企業会計と公会計は違う点も多かった。どんな情報が掲載されていればいいか、市民の目線で考えました」と話した。

 パンフレットは、市役所や図書館で配布している。(森若奈)

(2016年3月18日 中日新聞朝刊なごや東版より)

[2016.03.18]

一覧を見る