進学ナビ

HOME > 保育士を養成する大学・短期大学特集

子どもたちの発育を促し、能力を伸ばすスペシャリスト 保育士を養成する大学・短期大学特集

 子どもの成長に寄り添い未来を育む、やりがいある保育士の仕事。共働き世代の増加など、社会を取り巻く環境の変化によって、今後さらなる活躍の場が期待されています。そんな保育士の資格取得方法や、大学・短期大学選びについてご紹介します。

高い専門性を有する国家資格

 保育士は厚生労働省が管轄する児童福祉法に基づく国家資格で、保育に対する高度な知識と専門性を持ち、保育所や児童福祉施設をはじめ、企業内の保育施設や学童クラブなど様々な現場で子どもたちの成長に携わっています。

 保育士の仕事は基本的な生活習慣を身につけさせたり、人との協調性やコミュニケーション力、社会性など、生きるために大切な力を育み、子どもの成長を見守り、支援するとてもやりがいのある仕事です。

 現在、専門性向上のために研修機会や研修内容の充実も厚生労働省で進められており、社会に出てからスキルアップを図ることも可能です。子どもたちだけではなく、生涯を通して自分自身も高められる保育士をめざしてみませんか。

女性の社会進出を応援し、自身のキャリアも形成

 社会問題となっている待機児童数は昨年に引き続き2年連続で減少しています(2019年4月1日現在)。しかし、核家族化が進み、共働き世帯が増加している日本では、保育利用率は毎年上昇し、保育園は今後さらに増加することが見込まれています。保育士のニーズはますます高まりを見せ、幅広い分野での活躍が期待されているのです。

 女性の活躍も子どもを安心して預けられる場所があり、任せられる人がいてこそ実現します。子どもたちに寄り添いながら心と体を育成し、両親ともコミュニケーションを深めて信頼関係を築ける保育士は、子育て世代から頼りにされ、なくてはならない存在です。

 また保育士の仕事はフルタイム勤務だけではなくパート勤務やベビーシッターなど多様な働き方があることも魅力の一つ。結婚や出産で離職しても復帰しやすく生涯にわたって活躍できる仕事です。

保育所等待機児童数及び保育所等利用率の推移 出典:厚生労働省

資格を取得するには?

 資格の取得には、厚生労働省指定の大学や短期大学、専門学校、その他の養成施設を卒業して資格を得る方法と、保育士試験に合格する方法の2つがあります。

 大学や短期大学などの養成校に通って所定の科目・課程を履修すれば、卒業と同時に保育士の資格が取得できます。さらに実習などの実体験からは机上では得られない判断力や問題解決能力を養うことができ、学校によっては幼稚園教諭一種・二種免許などの資格を同時に取得できるカリキュラムも用意されています。

幅広い保育士の資格を活かした仕事

保育所(保育園)や児童福祉施設
保育所をはじめ、乳幼児を育てる乳児院や児童養護施設、母子生活支援施設など様々な施設があります。
企業内保育所
企業に勤める従業員のために作られた保育施設です。女性従業員率が高かったり、女性従業員が求められる企業に多く設けられています。
認定こども園
教育・保育を一体的に行う、幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持つ施設です。地域や保護者のニーズにより様々なタイプがあります。
家庭的保育事業
児童福祉法に基づいて区市町村が行う保育事業。保護者に代わって、自治体の認定を受けた保育者が居宅などで保育を行います。
中部の著名大学・短大にアンケート
愛知学泉大学愛知学泉短期大学
愛知東邦大学
桜花学園大学名古屋短期大学
岡崎女子大学岡崎女子短期大学
名古屋芸術大学