進学ナビ

HOME > ウォッチ!大学入試 > 英検 早くも予約開始 共通テスト、18日受け付け

ウォッチ!大学入試

新テスト

英検 早くも予約開始 共通テスト、18日受け付け

 大学入学共通テストで導入される英語民間検定試験のうち、「英検」を運営する日本英語検定協会は3日、来年4~7月に行うテストの予約申し込みを、今月18日~10月7日に同協会のウェブサイトで受け付けると公表した。実施6団体が行う7種類の民間試験の中で、最も早い申し込み開始となる。

 文部科学省は3日、民間試験を円滑に実施するため、大学入試センターや実施団体、高校や大学関係者らを集めた6回目の会議を実施。協会はこの中で明らかにした。

 予約金は3000円で、後日の本申し込み時に支払う検定料の一部に充てられる。本申し込みをしなかった場合の返金はない。事前に予約を取る理由について協会は、会場確保のために、おおよその受験者数を把握するためとしている。来年8~11月にもテストを実施し、こちらの予約は1月15~27日に受け付ける。

 一方、会議に出席した全国高等学校長協会会長の萩原聡・東京都立西高校長は会議後「受けるかどうか分からないのに、とりあえず申し込まなければならなくなる」と対応を批判。ほかの民間試験も日程や場所が未定など多くの問題があるとして、共通テストへの導入自体の見直しも検討すべきだとの考えを示した。

 会議は昨年12月に発足し、過去5回は完全非公開。7月にTOEICが共通テストへの参加を取りやめるなどして高校現場に不安が広がる中、今回は一部公開としたが、意見交換の間は非公開となった。

 実施6団体のうち、大学入試センターと協定を締結済みなのは「GTEC」を運営するベネッセコーポレーションなど3団体。日本英語検定協会など残り3団体も大筋合意しているが、協定の解釈を巡るやりとりなどが続いている。

(2019年9月4日)

2020年度入試志望動向

新テスト

2019年度入試志望動向