中部の大学関連ニュース

レスリング楽しい! 大府 至学館大選手ら体験教室

至学館大の選手からタックルを教わる子どもたち=大府市のメディアス体育館おおぶで
至学館大の選手からタックルを教わる子どもたち=大府市のメディアス体育館おおぶで

 リオデジャネイロ五輪でレスリング日本代表のコーチを務めた志土地翔大さん(31)や、至学館大(大府市)レスリング部の選手が指導するレスリング体験教室が、大府市のメディアス体育館おおぶで開かれた。

 年長児から小学4年生まで38人が参加。志土地さんや選手から、基本的な受け身や身を低くするレスリングの構え、タックルや技の掛け方などを教わった。選手と子どもがペアになり、20秒間で選手の足に巻かれたテープを取れるかを競う練習もあった。

 教室の後、志土地さんは「タックルがしたくなったら至学館大のレスリング教室に参加して」と呼び掛けた。参加した共長小3年の男子児童は「疲れたけど全部楽しかった。レスリングをやってみたくなった」と話した。教室はレスリングの楽しさを体験してもらおうと市が企画し、今年で2回目。(垣見窓佳)

(2019年2月2日 中日新聞朝刊知多総合版より)

■関連大学はこちら
至学館大学・至学館大学短期大学部

[2019.02.02]

一覧を見る