中部の大学関連ニュース

就活へ身だしなみ学ぶ 名城大でセミナー 髪形や肌ケアなど

 就職活動に向けて男子大学生に身だしなみの大切さを伝えるセミナーが27日、天白区塩釜口1の名城大天白キャンパスであった。大学3年生を中心に約150人が参加し、髪形や肌の手入れなどのこつを学んだ。男性化粧品メーカーのマンダム(大阪市)が2016年から全国各地の大学で開催している人気講座。同社広報部の片岡東さん(38)と五嶋善晃さん(29)が講師として学生にアドバイスした。

 民間の調査結果を基に、9割の採用担当者が「身だしなみは重要」と回答したというデータを紹介。自己PRのポイントと、他の人が見た第一印象にギャップがあることが多いと指摘し、髪形のパターンごとに相手に与える印象の違いを教えた。ほかにも洗顔や保湿ケア、においのケアの重要性を伝え、学生たちには手入れの方法を実際に体験してもらった。(武藤周吉)

(2018年12月28日 中日新聞朝刊市民総合版より)

■関連大学はこちら
名城大学

[2018.12.28]

一覧を見る