• 資料請求・願書請求
  • この大学のHP
なごやりゅうじょうたんき だいがく 私立短期大学 愛知
名古屋柳城短期大学

保育実践力を養い、現場に即した学びを進めます!

理論と実践。子どもの存在を意識しながら学んでいきます。

保育は、未来に無限の可能性をもつ子どもたちの成長過程の一時期を預かる大切な仕事です。そのため保育者には、子どもと向き合う専門的な知識と理論と高度な技術力、実践力が要求されます。
本学では、これから関わっていく保育の本質を理解し、子どもの心、身体、病気、生理的欲求や子どもを取り巻く環境など、子どもに関わるすべてを学んでいきます。また、実技では、図画工作、音楽表現、幼児の体育、ピアノや声楽などで保育者としての素養・技術を高めていきます。理論や手法・技術の持つ役割を理解すると共に、保育者の果たす役割や課されている現状を理解し、子どもたち一人ひとりの発達に応じた援助ができるよう、専門知識や技術を学んでいきます。細やかな配慮と愛情あふれる保育者として成長していきます。
人としても成長し、保育者・教育者として卒業後、保育現場で待っている子どもたちの前に自信をもって立ち、一人ひとりの成長を援助できる知識と技術を磨いていきます。




実習を重視し、講義で学んだ理論や実技を身に付けます

幼稚園や保育園、福祉施設での実習を重視し、子どもとふれあい保育を体感することで、講義で学んだ理論や手法・技術を確かなものにすると共に技術力・実践力の向上を図っていきます。
いろいろな表情を見せる子どもたちを理解しながら講義だけでは得ることのできない経験から保育者として求められる理論や実践力、基本的な態度、職務に対する取り組み、知識を吸収していきます。
理論と実践の統合をめざしたカリキュラムで、経験豊富なスタッフが学生一人ひとりの成長をサポートしていきます。