• この大学のHP
なごやしょうか だいがく 私立大学 愛知
名古屋商科大学

国際的教育評価機関から認証される、世界トップレベルの教育システム

国際的教育評価機関から認証される、世界トップレベルの教育システム

名古屋商科大学は、大学評価の世界的権威であるマネジメント教育評価機関「AACSB International」の認証を受けたことにより、世界トップレベルの教育水準であることが証明されました。この認証取得には、厳しい評価基準が設けられ、日本国内では本学を含め2校のみが認定されています。また、世界トップレベルのMBA認証機関であるAMBA(The Association of MBAs)の認証も2009年4月に取得。国際認証のダブルでの取得は、国内初となります。さらには、大学院教育に関する世界的な調査機関、「Best Masters Ranking2015-2016」において全ての部門で国内第1位の高評価を受け、特に、税理士養成課程は「税法学部門」において3年連続でアジア1位(世界6位)にランクインしました。
 独自の教育システムとしては、所属学科以外の専門領域を学べる「ダブルメイジャー制」を導入。また、通常の講義はすべて座席指定制となっており、全講義の完全実施が行われています。さらに、授業調査や授業改善を実施したり、講義計画書を公開したりするなど、学生にとっての学びやすさを最優先した環境となっています。


無線LANステーションと無線LANカード

個を重んじる、きめ細かい個別支援

学生生活や学修状況をきめ細かく把握し、一人ひとりの伸びしろを見出しながら、徹底的に親身なサポートを行います。入学から卒業・就職にいたるまで、すべての学生の成長と飛躍を願い、個性を尊重している証です。

●徹底的な「個別支援」を実現
修学支援システム「電子カルテシステム」を導入。成績や出席状況、所属クラブや過去の面談記録など、電子カルテには学生に関するあらゆる情報がデータベース化されています。学生一人ひとりの状況を教職員が的確に把握できるからこそ、丁寧な支援が可能になるのです。

●キャンパス掲示板で必要な情報を入手
講義の休講・補講情報をはじめとする学生生活に必要な情報を提供。学生一人ひとりが自分の学修状況や活動履歴を把握・記録できるシステム「学修ポートフォリオ」機能も搭載しています。メール通知機能を利用すれば、毎日更新された情報が登録したメール宛に届きます。

●学生による学生のためのサポート
1年生全員が参加するVPS(ビジョン・プランニング・セミナー)の運営やサポートを教員と一体となって担当するのがVPSサポーターや、学生の悩みを解消するために、自分たちで考えて実践するピアサポーターなど、学生が学生を支え、自分自身も成長するための制度を整えています。



無償譲渡されたMacBookを携えて、情報を味方につけた学生生活を。

情報リテラシーが自然に身につくキャンパスライフ
IT化された学生生活
教科書も黒板も、そして掲示板も、必要なデータはネットワーク上に。

1人1台のノートパソコンとワイヤレスネットワーク。これらの情報環境を最大限に活用する仕組みも、本学には整っています。講義に関するあらゆる情報を網羅したWeb-Learningシステム「Blackboard」、学生生活に不可欠な情報を提供する電子掲示板などを設置。これらの情報システムを毎日使うことで、情報リテラシーを自然に身につけることができます。