• 資料請求・願書請求
  • この大学のHP
なごやしょうか だいがく 私立大学 愛知
名古屋商科大学

大学クローズアップ

一覧を見る

国際ボランティア参加者の声 先輩の声(大学生活編)

「与える」より「得る」ことが大きい

500年の歴史を持つ街の中心にある、火事で破損した教会の修復作業に参加しました。仲間は多国籍でしたが、日本の文化や国民性に皆とても関心を持ってくれ、自分の国に誇りが持てました。英語が苦手な私でしたが、日本で英語を使う時よりも抵抗がなく、自然と語学力が身についていきました。ボランティアは「与える」ことが目的ですが、それ以上に「得る」ことが大きかったと感じています。

渡航先:セルビア
樋口有輝さん
会計ファイナンス学科
長野県松代高校出身


ボランティアをする仲間と一緒に

一人旅で精神的にひと回り大きく成長できました

ベトナムに2週間滞在し、小学校で英語の授業の手伝いや孤児院の子供たちと交流を図りました。子供たちのために折り紙や英語の本を準備して、言葉こそあまり通じませんでしたが、とても仲良くなりました。日本に帰るとき、子供たちが泣いて別れを惜しんでくれたことを今でも鮮明に覚えています。海外での一人旅は不安でもありましたが、精神的にひと回り大きくなれました。

渡航先:ベトナム
尾崎めぐみさん
経営学科
静岡県浜松商業高校出身


尾崎めぐみさん

伝えること、聞き取ることの重要性を感じました

アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアで19日間ボランティアをしました。このプログラムに参加した目的は、4年の後期に留学するための下準備のようなものでした。しかし、相手に自分の意志を伝えることやしっかりと聞き取ることの重要性など、予想以上に多くのことを学ぶことができました。海外での生活を体験してみて反省すべきところがたくさん見つかったので、もっと勉強して留学に臨もうと思います。

渡航先:アメリカ
中嶋鷹鑑さん
会計ファイナンス学科
長野県松商学園高校出身


中嶋鷹鑑さん


[2010.05.06]

その他の大学クローズアップ

一覧を見る