大学の新聞

南山大学 人間の尊厳と多様性を理解し世界で活躍できる人を育てる
大学情報を見る
資料請求・願書請求

キャンパス統合が実現 さらに質の高い教育環境を提供

自由に多文化交流を体験できる「多文化交流ラウンジ」

自由に多文化交流を体験できる「多文化交流ラウンジ」

 「キリスト教世界観に基づく学校教育を行い、人間の尊厳を尊重かつ推進する人材の育成」を建学の理念とし、現在では8学部17学科を擁する総合大学に発展した南山大学。2017年に「One Campus Many Skills」のスローガンのもと2つに分かれていたキャンパスを統合し、すべての学部・学科・教育資源を一つのキャンパスに集約。学部間の交流を積極的に図りながら、互いを認め合い、協力し合いながらより高い専門性と国際力を育む教育環境を整えている。

 統合を機に1年を4回に分けて授業を履修するクォーター制を導入。定期試験を含む8週間を1クォーターとする4学期制となった。短期間で集中的に学ぶことができ、学修効果のアップが期待できる他、柔軟な履修計画が可能になり、6月から始まるサマーコースなどの短期留学やサービス・ラーニングなどの自主的な学びの選択肢も広がった。海外からの留学生の受け入れも容易になり、「国境のない学びの場」として多くのメリットをもたらすと考えられている。

 併せて改組も実施しており、国際社会の諸問題を地球規模の視点から解決に向けて協働し、積極的に行動できる人材を養成する「国際教養学部」を開設。また、外国語学部の英米学科を除く4学科では、2専攻制を導入した。産学連携やアクティブラーニングも積極的に推進していく予定で、施設整備も着実に進んでいる。

 また、さらなる国際化の推進をめざし、世界各国の協定大学はもちろん、学位が授与される4年制大学であれば、全世界の大学に留学が可能で、単位認定や奨学金が充実しているのも同大学の特徴である。2017年度からは、全学部で特色を生かした短期留学プログラムが始まり、留学がより身近になった。さらに、留学しなくても学内で海外の留学生や国際交流に関心のある仲間と楽しく交流できる場が整備されている。昨年オープンした多文化交流ラウンジ「Stella(ステラ)」や、日本語禁止の「ワールドプラザ」、逆に日本語以外が禁止の「ジャパンプラザ」などがあり、学生は留学生と様々な手段でコミュニケーションすることが可能だ。

高い就職率と学生の内定先 満足度が実力を証明

キャリアサポートを行う「キャリア支援室」

キャリアサポートを行う「キャリア支援室」

 キャリアサポートは入学後すぐの新入生サポートからスタートし、「希望進路別」「学年別」「キャリアデザイン」「自己発見」などのサポートプログラムで段階的に指導。学生の自主性を尊重しながら、無理なく希望の進路へ到達できる仕組みになっている。

 キャリアデザインのサポートで特徴的なのは、キャリアカウンセラーや学生就職支援スタッフのほか、卒業生によるアドバイザー制度を設置していることだ。社会の幅広い分野で活躍する先輩から、多種多様な仕事や働き方について直接話を聞くことで、将来の働き方や生き方を具体的に考える機会になっている。また、その先輩たちが残した「就職活動体験記」は約2,900人分にも上り、企業情報から入社試験、面接のポイントまで、貴重な生きた情報が満載で、在学生専用のWEB閲覧ページへのアクセスは年間で42万件を超える。

 また、中部の優良企業や上場企業を中心に約430社(文系約340社、理系約90社)が参加する「学内会社説明会」や専任カウンセラーが面接官となって実施する「模擬面接」も多数の学生が活用している。こうしたきめ細かなサポートにより、2017年度は98.5%という高い就職率を上げ、学内の調査では内定者の内定先満足度は95.5%という結果であった。就職委員会委員長の中村和彦教授は「インターンシップ研修、学内会社説明会、卒業生との人脈が本学の就職支援の強みです」と話す。自ら選んだ進路で、いきいきと社会で働く「南山のDNA」は先輩から後輩へ受け継がれ、多種多様な業種で有用な人材として、その実績は社会で高く評価されている。

福田 啓介さん

アイシン精機株式会社 アフターマーケット商品本部 営業G 海外営業チーム 福田 啓介さん 2008年度 経済学部 経済学科 卒業

スポーツと学業の両立で得た力で世界との架け橋に

 南山大学の学風や国際的な環境の中で、社会人としての基本的な力をつけたいと思い経済学部へ進学。大学では経済学はもちろん、部活動のアメリカンフットボールにも力を入れ、学業との両立に励みました。大学の授業で、消費者の行動や心理を理論的に学んだことが、直接お客様と関わる現在の仕事に応用できています。さらに、部活動を通し、コミュニケーション力や最後までやり抜く力を身につけることができたと実感しています。

 現在は、アイシン精機株式会社アフターマーケット商品本部営業G海外営業チームに所属しており、ASEAN・豪州・中国台湾地域と幅広い地域を担当し、自社製品拡販活動を行っています。アイシン製品を取り扱うお客様から「品質が非常によく、大変満足している」等のお声を直接かけて頂けることがうれしく、ときにはお叱りの言葉もいただきますが、大変やりがいを感じています。

 自動車業界は100年に一度の大変革といわれる中で、お客様の要望も日々変化しています。時代の流れに気を配り、お客様に何を求められているかを自ら市場に足を運び、自分の目で確かめ、導き出された目標に向かってこれからもチャレンジを続けていきたいと思います。

HP http://www.nanzan-u.ac.jp/
キャンパス 名古屋市昭和区山里町18
お問い合わせ TEL:052-832-3111(代)
大学情報を見る
資料請求・願書請求