大学の新聞

名古屋女子大学 中部圏の女子教育の先駆者として100余年 新学部・学科の設立でさらなる職能人の輩出へ
大学情報を見る
資料請求・願書請求

2019年4月に健康科学部を開設予定

学園訓「親切」を礎とした伝統ある女子教育

学園訓「親切」を礎とした伝統ある女子教育

 「高い教養を身に纏った職能人としての女性の育成」を建学の精神とし、1915年の創立以来100年以上にわたって中部圏の女子教育に貢献し続ける名古屋女子大学。初代学園長の越原春子氏は人間愛や友愛の精神、学問の研鑽、また人類文化の発展のために役立つ女性の育成をめざすという意味を込めて「親切」を学園訓に制定。この言葉を礎に、職業を通して社会に貢献する教養豊かな女性を世に輩出している。

 創立100年を機に天白校地を汐路校地へ移転。全学部の教育研究施設や設備を統合した「知の交流拠点」を創出している。昨年には「新本館校舎」が完成、さらなるキャンパス整備計画が進行するなど、教育・研究環境の充実に抜かりは無く、各分野で高度化するニーズに対応できる人材を養成している。こうした中、2019年4月に健康科学部 健康栄養学科・看護学科を開設予定。看護学科では「身近に寄り添い、行き届く看護を実践できる専門看護職の養成」を理念に、チーム医療の中のあらゆるケアを行うことができる人材を育成。豊かな感性や高い課題解決力、倫理観も身につけていく。また臨床現場で起こる諸問題に対しても応用力を発揮でき、特に「食」を反映した健康管理を追求し、管理栄養士らと密な連携を図れる看護能力も養成する。家政学部 食物栄養学科を改組する健康栄養学科では、人々の健康の維持や増進、疾病の予防や治療に対して科学的根拠にもとづいて実践できる専門知識や技術を修得。看護や医療、福祉関係者らとともに現場で役立つ管理栄養士をめざす。特に幼児からの食育支援や高齢者への食支援など、現代社会に必要とされるスキルを身につけられるのも特徴だ。

 看護学は90年前に越原春子氏が全国に先駆けて開講、学校看護婦の資格と教員資格の2つを持つ人材を育ててきた。こうした看護の学びを礎にさらに高度な知識や技術を研鑽することでより実践的な能力を身につけた人材を育成していく。

資格合格は全国有数 手厚い支援で就職も充実

新学部では医療現場で多様なケアを担える人材を育てる

新学部では医療現場で多様なケアを担える人材を育てる

 同大学では就職に対しても独自のカリキュラムを展開し、学生をサポート。特に資格試験合格には力を注ぎ、さまざまな試験対策を行っている。とりわけ管理栄養士の養成においては充実した講義や実験、研究などで高い専門知識を磨き、約50年にわたり多くの有能な人材を輩出。2018年管理栄養士国家試験合格率は99.3%と全国でもトップレベルを誇る。また教育者や保育者の育成にも力を注ぎ、子どもをとりまく社会背景を学びながら、現代に対応できる教養を備えた教育者や保育者を養成。その充実した学びが実を結び、2018年の小学校教諭採用試験合格率は64.2%、公務員保育士・幼稚園教諭採用試験の合格率は79.6%といずれも高い実績を打ち出している。

 また資格試験のみならず、一般企業への就職にももちろん尽力。女性としての生き方を視野に入れたキャリア支援プログラムを4年間にわたって展開している。1年次・2年次では大学生基礎力レポートにより、自分自身を見つめ直しながら大学生活での目標や行動を設定。自分の将来を見つめつつ職業観を醸成する。

 3年次ではOG懇談会や学内企業展などを行い、より具体的に就職支援を実施。実際に企業や官公庁などで仕事を行うインターンシップも体験しながら、自らの適性や働くことの意義を学んでいく。さらに就職対策講座や就職活動メイクセミナーなどきめ細かなフォローも実施。自己分析や企業研究などの情報がまとめられる同大学オリジナルの「キャリアハンドブック」も学生の就職活動に大いに役立っている。希望の就職を叶える学生も多く、18年3月卒業生は大学が99%、短期大学部が98.4%と高い就職率を達成。卒業後も、企業への定期的な調査など体系的なフォローを展開し、次のキャリア支援へと活かしている。

市川 祐理江さん

安城更生病院 管理栄養士 市川 祐理江さん 2016年度 家政学部 食物栄養学科(※1) 卒業
※1 2019年4月 健康科学部 健康栄養学科に改組

食を通じて健康に貢献し、患者様にとって身近な存在に

 卒業後、管理栄養士として総合病院に勤務しています。1年目は食事作りに携わり、患者様においしく食べてもらい、健康になってもらいたいという一心で一つひとつ丁寧に仕事をこなしました。2年目からは食事数の算出やアレルギー患者さんへの対応などの管理業務、また患者さんへの栄養指導などを担当しています。人の体にとって食べるということはとても大切なことです。食は、薬よりも身近なところで病気や症状の軽減や、健康増進に関連しています。食を通して患者さんの健康に貢献しているというのが、仕事をしていく上でのモチベーションになっています。こうした仕事のベースになっているのは、大学2年生の時に行ったアメリカでの栄養士海外研修です。現地で高い意識を持って働く管理栄養士たちと接した体験は、今でも大きな刺激となって仕事のあらゆる場面で役に立っていると実感しています。

 これからも医療現場における管理栄養士の役割をしっかりと把握して、チーム医療の一員として頑張っていきたいと思います。また糖尿病や腎臓病など、食事制限で辛い思いをしている患者さんに、少しでも食の楽しさを伝えられるように努めていきたいと考えています。

HP http://www.nyusi.nagoya-wu.ac.jp/
キャンパス 名古屋市瑞穂区汐路町3-40
お問い合わせ 入試広報課 フリーダイヤル:0120-758-206
大学情報を見る
資料請求・願書請求