大学の新聞

名城大学 「研究の名城大」ブランドの確立に向け 世界レベルの研究開発を強力に加速化
大学情報を見る

戦略プラン「MS-26」のもと教育・研究ともに改革を推進

名城大の研究力を象徴するLED時計塔

名城大の研究力を象徴するLED時計塔

 9学部24学科、大学院10研究科を有する中部圏トップクラスの文理融合型私立総合大学、名城大学。立学の精神に「穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する」を掲げ、総合化・高度化・国際化を推進。1926年の開学以来、これまでに19万人を超える優れた人材を世に送り出している。

 今年で92周年を迎える同大学は、開学100周年に向けた戦略プランとして「MeijoStrategy-2026(MS-26)」を展開。大学に関わるすべての人達と共有する価値観「生涯学びを楽しむ」を軸に、多様な経験を通して学生の学びのコミュニティを創造。教育・研究・社会貢献の3つのミッションを通して社会で活躍する人材を育んでいる。

 その実践の場の一つとして、2016年にはナゴヤドーム前キャンパスを開設。新しく誕生した外国語学部をはじめ、2017年には人間学部と人間学研究科、都市情報学部と都市情報学研究科が移転。3学部2研究科体制となり、他学部履修制度などを展開し、学生は充実した学びの環境で豊かな知識や教養を身につけることができる。

 同大学は文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業(世界展開型)」の支援対象として、2016年に選定された「青色LEDを起点とした新規光デバイス開発による名城大ブランド構築プログラム」に続き2017年には「新規ナノ材料の開拓と創製による名城大ブランド構築プログラム」が選定された。これはカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)の発見者である飯島澄男終身教授の研究グループを核に、ナノ材料分野の研究者らが集まり世界レベルの基礎研究を全学体制で進める研究開発事業で、天白キャンパスに創設した「ナノマテリアル研究センター」を拠点に展開。北陸・東海地区で2年連続して世界展開型に選ばれたのは唯一名城大学のみということから、「研究の名城大」ブランドに磨きがかかると言えよう。

 さらに同大学は2017年7月、リチウムイオン電池の原型を世界で初めて開発した吉野彰氏を大学院理工学研究科教授に招聘。吉野教授は同年4月から、大学院生を対象に「エネルギー環境材料工学特論機廚鮃屬犬討い襦ノーベル化学賞候補ともいわれる吉野教授の豊富な知識と経験を学生に伝授することで、世界的に活躍できる理工系の人材を育成する。

手厚い個別指導担当制できめ細かく就職活動を支援

研究を見守る飯島澄男終身教授(右端)

研究を見守る飯島澄男終身教授(右端)

 世界的な研究拠点となるべく大学としての発展もさることながら、学生のキャリア支援も手厚くバックアップ。中でも特徴的な個別指導担当制は、キャリアセンタースタッフが担任のような形で学生一人一人に対してきめ細かく対応する。理工学部や薬学部は研究室の指導員を中心にこうした支援を行う。いずれも1、2年次に行われるキャリアガイダンスなどの進路支援講座をはじめ、3、4年次の個人面談や800社を超える企業が参加する学内企業セミナーなどを通して希望の進路実現に向けサポートする。

 また地方での就職を希望する学生のためのUターン就職ガイダンスや、地元企業に内定した先輩学生の体験談、さらに卒業者や内定者による生きた情報が手に入る「就職アドバイザー」制度も学生にとっては心強い。他にも多種多様な資格取得講座を開講。公務員をめざす学生には1年次から対策講座をスタートし、試験合格を支援する。2016年からは「M-CAP(名城キャビンアテンダントプログラム)」でエアライン業界やホテル、観光業界をめざす学生も1年次からバックアップしている。

 こうした取り組みが実を結び、2018年3月卒業生の就職率は99.7%と例年と同じく高い実績を堅持。「就職に強い名城大学」としての知名度をさらに上げ続けている。

高井 康行さん

トヨタ自動車株式会社 高井 康行さん 2015年度 理工学研究科電気電子工学専攻修士課程 修了

飽くなき探究心を忘れず、いつかは海外拠点で活躍を

 学生時代の学びを軸に「世界に誇れる日本製品の開発に携わりたい」という思いを抱いて、今の会社に就職しました。現在は電子システムの信頼性評価を担当しています。使用地域で想定される環境を再現し、熱や振動、電気ノイズなどを試験。これらの部品がお客様にとって本当に信頼でき、安心して使えるものなのかどうかを調べています。こうした緻密な仕事には電子システムや部品に対する高度な知識や技術が求められますが、大学や大学院で身につけた知識や論理的思考力があらゆる場面で生かされていると実感します。また海外拠点と密に連携を取り合うことがあり、語学力やコミュニケーション力も必要となりますが、大学時代に経験したアメリカ留学のおかげでスムーズにできていると思います。

 今はまだ社会人3年目で、覚えることやしなくてはいけないことが山のようにあります。先輩からも指導を受けながら課題や仕事に取り組む毎日です。それでも将来的には海外拠点で働いてみたい。その夢をかなえるために得たい知識や挑戦してみたいことはたくさんあります。自分の中にある探究心を忘れずに、これからも自分自身をさらに磨き続けていきたいと思っています。

HP http://www.meijo-u.ac.jp/
天白キャンパス 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
八事キャンパス 名古屋市天白区八事山150番地
ナゴヤドーム前キャンパス 名古屋市東区矢田南四丁目102番9
お問い合わせ 代表 TEL:052-832-1151
大学情報を見る