大学の新聞

藤田医科大学(2018年10月 藤田保健衛生大学より校名変更) 開学50周年、さらなる飛躍に向け校名を変更 世界水準の高度教育で良き医療人を育成
大学情報を見る

アセンブリ教育を通してチーム医療の即戦力を養成

3学部7職種の枠を越えて学ぶアセンブリ教育

3学部7職種の枠を越えて学ぶアセンブリ教育

 医師であり科学者であった藤田啓介博士によって1964年に創立された学校法人藤田学園。68年、藤田保健衛生大学が現在の医療科学部の前身である衛生学部を擁し開学した。72年には医学部が誕生し、以来、多くの優れた医療人を輩出している。

 建学の理念に、「独創一理」を掲げ、自分自身が持つ創造力が新しい時代を切り拓いていく力となり得ることを示唆。既成概念にとらわれない自由な発想と大きな可能性を持ち、一つひとつの問題に真摯に向き合う医療人を育成する。その教育方法は、開学以来伝統を持つ「アセンブリ教育」が柱。アセンブリとは学部・学校の枠を越えた共通の活動を通して、チーム医療に必要な力を養う大学独自のプログラムだ。1年次では医療人としての心構えを学び、2年次では地域との連携やボランティアを実践。3・4年次は実際にチームで患者さんや地域医療の問題に取り組み、グループ学習で知識の共有や連携意識を向上。チーム医療の基盤づくりを行い、協働する力を育んでいく。

 今年は開学50周年を迎えるにあたり、次の半世紀の医学・医療のイノベーションの実現をめざして10月に名称を「藤田医科大学」へ変更。高度な医学・医療の拠点であると認識しやすい名称にすることで、21世紀における高いブランド力を構築していく。それに伴い、半世紀ぶりに大規模なキャンパス再開発と2025年の藤田学園ビジョン達成をめざす取り組みを今後積極的に推進する。こうした教育プログラムや教育資源などが評価され、同大学は世界の高等教育機関が数多くエントリーする「THE世界大学ランキング」で日本の私立大学の中では最高位評価となったほか、医学部が「日本医学教育評価機構」でも高評価を獲得。国際的にも認証されるトップレベルの教育を今後も実践し、医療の未来を担う人材を育てていく。

 さらに2019年春に「保健衛生学部」を設置(予定)し、看護学科やリハビリテーション学科のほか、臨床検査学科と臨床工学科を再編・組織化。医学部、医療科学部との3学部体制にすることで、より高度で充実した教育環境を学生に提供し、「良き医療人」を育成する。

精神疾患の最先端研究拠点へ 充実の臨床環境で知識を習得

最先端の医療を提供する大学病院

最先端の医療を提供する大学病院

 同大学では、現在取り組んでいる「高ストレス社会を克服する『精神神経疾患の最先端研究開発拠点大学』としてのブランド確立」が文部科学省の「平成29年度私立大学研究ブランディング事業(タイプB世界展開型)(※)」に採択された。全国の188大学が応募し、世界展開型は27校が選定されており、そのうちの一校として選ばれている。

 この研究は、同大学が持つ日本最大の疾患ネットワークをもとにするビッグデータの解析を基軸として、神経疾患に対する客観的バイオマーカー・非侵襲的な脳画像診断による診断や症状評価、病態生理に基づく薬やファイトケミカルを開発し、精神神経疾患克服をめざすもの。国を代表する精神疾患研究の拠点として関係機関や製薬会社とも連携を取りながら研究を進めていく。またこれらの研究により、昨今増加する精神神経疾患の予防・診断・治療へ大きく貢献していく。

 これらの研究や学びのベースとなる大学病院は国内有数の病床数を誇り、先進医療も積極的に展開。学生が医療のフロントラインを学ぶステージとして充実した環境を誇る。治療には従来より安定した精度の高い内視鏡手術を行う手術支援ロボットなど、最先端の医療機器を多数導入。東海・北陸地区の臓器移植のターミナル的役割も果たしており、21世紀型の総合医療センターともいえるべき高度先進医療を行っている。学生はここで豊富な臨床実習を行いながら最先端の知識や技術を習得。医療の現場で即戦力となる人材へと成長していく。

※ 文部科学省の私立大学研究ブランディング事業/大学の特色ある研究を軸として、全学的な独自の特色を大きく打ち出す研究を支援する事業のこと

猿田 真庸さん

藤田医科大学病院(※) 腎泌尿器外科助手 猿田 真庸さん 2014年度 医学部医学科 卒業
※ 2018年10月、藤田保健衛生大学病院より名称変更

PBLやチーム医療の学びを現場に活かす

 検査から診断、治療まで、患者さんの全てに関われる事にやりがいを感じて腎泌尿器外科を選択。さまざまな手術を経験できることも自分の医療技術向上にもつながると思い希望しました。実際の現場では、ロボット支援手術や腹腔鏡手術、経尿道的手術などを行いますが、これらの手術に携わりながらさらなる技術や知識の向上に努めています。

 大学病院は、疾患の種類はもちろんのこと患者さんに提供できる医療の幅が広いのが特徴です。手術や外来で諸検査を行うときには、常に患者さんにとって最善の方法が選べるように、他の医師や医療関係者と相談をしながら進めています。これらの臨床やチーム医療についての基本的なことは、大学ですべて学ぶことができました。その中でも特に想い出深いのは実際の臨床の現場で問題解決に取り組んだPBL(問題解決学習)です。臨床で実践しながら問題を一つひとつ解決していく学びは、今の仕事でも大いに役立っています。今後も一人でも多くの患者さんが元気に退院されることを励みに、さらなるレベルアップを図り医療に貢献していきたいと思っています。

HP http://www.fujita-hu.ac.jp
キャンパス 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
お問い合わせ TEL:0562-93-2000
大学情報を見る