大学の新聞

中部大学 社会や地域、企業の要望に応える学びで不言実行、あてになる人間を社会へ
大学情報を見る
資料請求・願書請求

2018年4月新・工学部誕生 次世代産業の技術を修得

地の利を活かし実践的な学びが展開される

地の利を活かし実践的な学びが展開される

 文理融合7学部6研究科をワンキャンパスに有し、中部圏屈指の総合大学である中部大学。「不言実行、あてになる人間」の建学精神を礎に、豊かな教養、自立心と公益心、国際的な視野、専門的能力と実行力を備えた人を育成。また1964年に中部工業大学として開学以来、社会のニーズに応える人材を世に多く送り出している。今年4月には社会や地域、企業の要望に応えるべく、工学部を新8学科体制に改組。宇宙航空理工学科を新設、電気電子システム工学科を再編した。

 宇宙航空理工学科では、宇宙や航空を中心とした理論や技術を学び、工学分野の技術者を育成する。中部圏には宇宙航空産業に関わる企業が多く、2011年には「アジア1航空宇宙産業クラスター形成特区」に指定されている。こうした地の利を活かし、産学官連携をはじめ見学や実習など現場に触れる学びを実施。航空機産業の第一線で活躍する技術者を招いての特別講義も行いながら、宇宙航空の生産現場において活躍できる技術者の養成をめざす。またボーイング社を中心とするアメリカ航空機産業の集積地、ワシントン州の大学とも提携して海外研修も計画。電子情報や機械分野などの基礎的な知識に加え、ジェットエンジンや航空宇宙生産工学などの専門知識を養い、さらに社会で必要とされる語学力やグローバルな考え方を身につけていく。

 電気システム工学科と電子情報工学科を融合した電気電子システム工学科では、電気・電子・システムを総合的に学ぶカリキュラムを設定。電気自動車の安全走行などスマート社会を実現するために欠かせない技術を修得する。また「IoT」化が進む昨今に対応するべく、システムの視点で物事が考えられる技術者を育成。電気エネルギー利用技術、エレクトロニクス技術、情報通信技術を複合的に学び、システム全体を見渡せる幅広い視野と創造力を身につけて実践の場で活躍できる人材を育んでいく。コンピューター教育支援室では、最先端のCADソフトを導入し、学生のものづくり意欲を高めるための本格的な整備が進められている。

地域と連携した実践的な学び 充実支援で就職もトップクラス

学生のものづくり意欲を高める教育環境

学生のものづくり意欲を高める教育環境

 開かれた総合大学として地域との連携も深め、地域貢献をしながら実践的な学びを展開している。そのひとつ「地域活性化リーダー教育プログラム」は2015年に文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」に採択。岐阜県をモデルに、地域の課題解決を行いながら、学生の人間力やリーダーシップを育んでいる。こうした実学主義は企業から高い評価を受け、就職実績も全国トップクラス。2017年度卒業生の就職率は99.3%を誇り、求人企業数も17,708社と多い。希望の就職を叶えるために、就職支援も教育の一環として捉えて早い段階からサポート。入学後から職業観を意識できるように「スタートアップセミナー」やキャリア教育科目「自己開拓」を全学に導入。2年次ではより具体的なキャリアデザインを描けるように全学共通教育科目「社会人基礎知識」を実施する。

 3〜4年次では後援会や県内商工会などの支援による学内企業説明会などを多数開催。最大規模で約900社が参加し、学生は多くの企業と直接交流することができる。他にも公務員や各種資格取得に対する講座も実施している。

 さらに強固な後援組織が学生の就職をバックアップ。地元企業を中心に構成される「中部大学幸友会」では約800社の法人会員を有し、社会と大学をつなぐ文化的な催し物をはじめ、さまざまな活動を通して学生を支援し、毎年卒業生の約5分の1が会員企業に就職をしている。実際に就職した学生の満足度も高く、世代を越えた堅牢な絆が学生の未来への可能性をさらに広げている。

入米藏 康平さん

トヨフジ海運株式会社 海外企画部 入米藏 康平さん 2015年度 人文学部 英語英米文化学科 卒業

独自プログラムと2回の留学で英語力を伸ばし夢を実現

 本格的な長期留学制度に加え、留学先の大学で単位を取得できることに魅力を感じ中部大学に進学しました。大学時代には米国オハイオ大学の長期研修(4ヶ月間)と豪州ニューイングランド大学の派遣留学(1年間)を経験。オハイオ大学では英語、専門科目、体育、文化体験等の授業を通じコミュニケーション力を磨くことができました。ニューイングランド大学では言語学を専攻し現地学生と同じように授業を受けました。強烈だったのがエッセイ課題です。多い時には月に1万文字書くこともあり、図書館にこもる毎日でしたが、かなりライティング力が鍛えられました。このような厳しい環境を乗り越えられたのは、中部大学での英語で英語を学ぶ授業(学科及びPASEOプログラム)があったからです。高校時代、決して得意でなかった英語も、独自の英語プログラム及び2つの留学により、最終的にTOEICは865点に到達しました。

 今では高校時代から抱いていたグローバルな仕事がしたいという希望が叶い、海運会社で英語を使って仕事をしています。海外の関係会社とのコミュニケーションや契約交渉等では大学で培った英語力が欠かせません。今後は海外駐在員をめざし自分を磨き続けたいと思っています。

HP https://www.chubu.ac.jp
春日井キャンパス 愛知県春日井市松本町1200
お問い合わせ 入学センター フリーダイヤル:0120-873941
大学情報を見る
資料請求・願書請求