大学の新聞

名古屋外国語大学 多文化共生社会を担う新時代の「世界人材」を育成
大学情報を見る
資料請求・願書請求

2017年4月開設 「世界共生学部 世界共生学科」

 中部地区唯一の外国語大学として、1988年に開学した名古屋外国語大学。高度な語学力と幅広い教養、豊かな専門性を身につけた「国際社会に貢献できる人材」の育成を目指し、グローバル社会のニーズを先取りする教育を実践してきた。

 今、外国の人々と共に生きる「多文化共生時代」が到来しつつあり、今後の社会で必要とされるのは、世界の共通語となっている英語はもちろん、複数言語を使いこなすと同時に、世界の社会や文化、芸術を深く理解し、他者への共感力、たくましい活力をも身につけた人材だ。

 同大学には2017年4月、世界とコラボレーションする「世界共生学部世界共生学科」が誕生。世界と対話する「グローバルコミュニケーション」、世界を学び、世界の今を知る「グローバルリサーチ」、世界を経験し、世界へ飛躍する「グローバルチャレンジ」を教育の特長に、多文化共生社会における問題解決のために行動できる「アクティブでグローバルな人材」の育成に乗り出した。これにより同大学は3学部10学科2専攻へと進化し、新時代の「世界人材」育成に向けて大きな一歩を踏み出している。

 時を同じくして、世界教養学科で先駆的に進めてきた「世界教養プログラム」も全学部・全学科で導入された。『世界教養“World Liberal Arts”』とは、世界の多元性や多文化性に立脚したグローカル(グローバル+ローカル)な教養を意味し、学生は60のテーマで世界のさまざまな知識と教養を習得する。約3分の1が英語開講授業で、英語力も高められる内容となっている。

学生の挑戦を支える留学費用全額支援

「UCR特別留学」で有給実習を行うフロリダ州のウォルトディズニーワールドリゾート

「UCR特別留学」で有給実習を行うフロリダ州のウォルトディズニーワールドリゾート

 留学に強いことでも同大学は知られる。他を圧倒する支援制度を誇り、中でも「留学費用全額支援」は、同大学が定めるTOEFL®・GPAの基準を満たせば、対象人数の制限なく、留学先授業料、居住費、渡航費などを大学が負担する。「2か国留学」やダブルディグリー留学の他、2018年度より新たに実施されるカナダでの「航空サービス留学」も支援の対象となる。学生の挑戦心をかきたてる環境が整っていると言えるだろう。

 同じく同等の支援が受けられるのが、「ディズニー国際カレッジコース」を含む中部地区唯一の「UCR特別留学」だ。「UCR特別留学」とは、全米屈指のカリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)に留学した後、ウォルトディズニーワールドリゾート(フロリダ州)で有給実習を行うもので、過去5年間で合計165人を派遣し、その実績は全国トップクラスだ。多彩な支援の結果、2016年度に長期留学に出発した学生の3人に2人が、経済的な負担のかからない留学を実現。同大学の留学生派遣数は中部地区1位(全国5位)となっている。学生が自信をもって留学できるのは、学生3人と外国人教員1人で行うALL ENGLISHの“超”少人数授業「PUT」の効果もある。充実したカリキュラムで習得した高度な英語力が学生の旅立ちを後押ししている。

 こうした学びを社会へ結びつけるキャリア教育も充実している。例えば「エアラインドリカムプラン」は、航空・旅行・ホテルといったホスピタリティ業界への就職を支援。結果、キャビンアテンダント採用実績は長年中部地区1位を誇る。また、マスコミ業界への就職対策プログラム、TOEFL®・TOEIC®対策講座も用意するほか、東京・大阪にサテライトラウンジを置き、遠隔地就職には交通費も援助している。手厚い支援により、卒業生は航空、旅行、ホテルをはじめ、外資系の企業や商社、物流、メーカー、金融機関、マスコミ、教育業界などへ羽ばたき、多様な世界の第一線でその真価を発揮している。

小林 瑞季さん

日本航空株式会社(JAL) 客室乗務員 小林 瑞季さん 2014年度 現代国際学部 現代英語学科 卒業

多様性の理解が、より良いサービスにつながる

 私が主に乗務する国際線は、外国人乗務員と仕事をする機会が多い職場です。お互い育った環境や考え方が違うので、どんな小さなことでも確認をしています。例えばアレルギーをお持ちのお客さまへお食事を提供する際には、安心・安全を確保するためにも、具体的に言葉にして確認し合うことが重要です。また、外国人のお客さまもさまざまで、私たちが積極的に動くことで何か役に立てないか、常に考えるようにしています。

 学生時代は、主に英語や国際教養、ホスピタリティ科目に力を入れて勉強してきました。イギリスへの長期留学では、間違っていても発言しないよりはいいという現地での「常識」や、オンリーワンの正解を求めるのではなく、互いの価値観を理解し、その上で議論を深め合うことの重要性を学びました。「自分の当たり前は他人にとって当たり前とは限らない」。多様性を理解し、柔軟な思考を得られたことが留学の大きな収穫でした。多様性に寄り添う姿勢は、お客さまの求めるサービスに合わせて、臨機応変な対応が求められる現在の仕事でも大いに役立っています。学生時代に身につけた柔軟性や行動力、コミュニケーション能力が、人生を変える力になるのだと実感しました。

HP http://www.nagoyagaidai.com
キャンパス 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
受験に関するお問い合わせ TEL:0561(75)1747
大学情報を見る
資料請求・願書請求