大学の新聞

岐阜医療科学大学 人間性・国際性・学際性の理念のもと 世に必要とされるスペシャリストを育成
大学情報を見る

チーム医療教育を展開 地域貢献できる医療系総合大学へ

 開学以来44年にわたって地域社会で活躍する優れた医療人を輩出し続ける岐阜医療科学大学。「技術者たる前によき人間たれ」を建学の理念に掲げ、豊かな人間性と高度な専門能力を育んでいる。

 同大学は、教育目標に「人間性」「国際性」「学際性」の3つを掲げて医療人を育成。人間への慈愛に満ちた心で医療を行える精神を育む「人間性」をはじめ、「国際性」ではますます多くなる諸外国との人材交流を視野に入れ、語学力や国際的視野を身につけていく。また、「学際性」では異なる研究分野を学びながら、現代のチーム医療体制に対応できる力や医療人として必要な知識、技術を習得する。

 また同大学では「チーム医療」にいち早く注目し、臨床検査学科、放射線技術学科、看護学科の共通項目として導入している。1年次の「チーム医療論」ではチーム医療の歴史や役割、先進国の事例などを学ぶ。4年次の「チーム医療演習」では各学科3名ずつ9名のグループで課題となる症例を検討。学んだ知識を発揮し、異なる見解を知ることで医療知識をさらに深められる。こうした演習を通してチーム医療に重要なコミュニケーション能力や協働力を身につけていく。

 大学院保健医療学研究科は、「地域に貢献できるチーム医療」をテーマとし、保健医療学専攻を4つの専門分野に分け、より専門性を高めることで高度なスキルを身につけるとともに、今後ますます課題となる在宅・母子・高齢者ならびに保健連携の分野で柔軟に対応し活躍できる人材を育成する。

 これまで培ってきた医療技術者教育をさらに発展させ、地域社会になくてはならない存在となるべく、「医療系総合大学」として発展していくことを視野に入れる同大学。その最初のステップとして、看護学部設置構想がある。より一層の看護教育の高度化に対応していく必要があることから、現在の保健科学部看護学科から独立させ、2018年4月に看護学部看護学科を設置する(指定学校申請中)。

 さらに、2019年4月に岐阜県可児市に新キャンパスを開設し、看護学部看護学科(指定学校申請中)とともに、助産学専攻科も新キャンパスへ移転する計画だ。

充実した就職支援 国家試験対策を行う万全の体制

「学生一人ひとりにより良い就職」を実現している

「学生一人ひとりにより良い就職」を実現している

 優れた医療人を養成する充実のカリキュラムに加え、就職サポートもきめ細かく展開。1年次から適性にあったマンツーマン指導を実施し、2年次からは就職ガイダンスや就職活動支援講座で学生の就職観を醸成し、就職活動に向けてのバックアップを行う。3年次では具体的な試験対策講座や一般教養公務員試験対策講座などを実施。ほかにも履歴書の書き方、身だしなみ講座など個別の講座できめ細かな指導も行い、学生一人ひとりをサポートする。4年次は直前対策として専門予備校から外部講師を招いて模擬試験や試験対策講座を開催。学生が苦手な分野を克服して希望の就職に就けるように、徹底した支援を行っていく。

 国家試験対策についても、教員が過去の試験の傾向と分析を行いながら、模擬試験や特別補講、マンツーマン指導などを行い、学生を手厚くサポートする。さらには、教育支援センターに各学科の教員が常駐し、指導にあたるなど、合格を勝ち取るためにあらゆる取り組みを行っていくサポート体制が整っている。

 これら個別に対応する細やかな指導と充実した学びが実を結び、2016年度の国家試験合格率は臨床検査技師が92.1%、診療放射線技師が96.4%、看護師と保健師が96.7%、助産師が94.4%と高い合格率を維持。いずれも全国平均を上回る結果をたたき出している。

奥村 真巳さん

名古屋第一赤十字病院 MFICU(母体胎児集中治療室)勤務 助産師 奥村 真巳さん 2014年度 保健科学部 看護学科 卒業
2015年度 助産学専攻科 卒業

重ねた経験を力に、命の誕生の場に携わり続けたい

 9歳のころに妹が産まれ、産まれたばかりの妹を助産師さんが私にも抱かせてくれました。その時の感動がずっと忘れられず、私も命の誕生の場に携わりたいと思い、助産師をめざすようになりました。助産師をめざすにあたり、まず看護師の資格が必要なことを知り、看護学科と助産学専攻科がある岐阜医療科学大学を選びました。

 私が勤務しているMFICUは、周産期においてリスクの高い妊産褥婦さんの看護・助産ケアを中心に行います。安静度を考慮しながら清潔ケアを行ったり、社会的な面まで含めてお話を伺ったりすることもあり、一人ひとりの方と密に接することができるのが特徴です。大学の実習で、多くの分娩介助を経験し、担当させていただいた妊産婦さんとの関わりや在学中にクラスのみんなで母親学級の企画・運営を行った際に培ったチームワークは、現在の仕事で特に役立っていると感じます。

 これからも色々な部署を経験し、「この人に看てもらったら安心」と思っていただけるような助産師になることが目標です。

HP http://www.u-gifu-ms.ac.jp/
キャンパス 岐阜県関市市平賀字長峰795-1
お問い合わせ 入試広報課 フリーダイヤル:0120-23-4186
大学情報を見る