大学の新聞

大同大学 「実学主義」の教育・人材育成を貫き 学生一人ひとりの自己実現を手厚く支える
大学情報を見る
資料請求・願書請求

アクティブ・ラーニングを重視し社会人基礎力を磨く

 中部産業界の強い要請に応え、1964年に開学した大同大学。50年以上にわたり、産業と社会に貢献する「実学主義」を理念とする教育・研究や人材育成に力点を置いてきた。卒業生は専門の知識と先進の技術、社会人に欠かすことのできない基礎力を身につけ、中部エリアの経済発展を支えている。

 2016年度からより強化しているのが、入学から卒業までの4年間を通した社会人基礎力の養成だ。「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力を伸ばすことを徹底。産業や社会に貢献する人材を育成するため、近年、大同大学では「アクティブ・ラーニング」に力を注いでいる。専門知識や能力を応用しながら、さらに社会とつながる研究活動を推進していく専門分野の演習科目に加え、1年生後期と2年生前期に演習科目「社会実践」を設置した。低学年から学科を越えた学生たちと企業が協働する産学連携を行っている。それが「社会実践」の授業・演習だ。受講生はチームによる課題解決の手順を学んだ上で、協力企業が提示する課題に仲間とともに挑んでいく。2016年度は地元企業と連携し、イベントの活性化や新商品開発の提案に取り組んだ。学生は幾度とないディスカッションを経て企業にプレゼンテーションし、ビジネス現場の厳しさに直面。「壁にぶつかり、仲間と協力し合う」経験を通して社会人基礎力を大きく伸ばす。同時に、多様な考え方・価値観を持つ人々と出会い、世界の広さを体感して、自分の殻を破り進路の選択肢を広げていく。また、この科目に新たに導入しているのがSA(スチューデントアシスタント)制度。先輩学生が授業のサポートや後輩の指導、学修・研究の支援に励む。SAを務める学生自身も、「教える」経験を通して深い理解や対話力を磨き、成長している。学生同士で学び合うサイクルが先輩から後輩へと受け継がれ、その支え合いは就職活動にも力を発揮している。

1年次から社会を見据え学生の可能性を広げる

少人数ゼミ形式の「就職ガイダンスフォローアップ講座」の様子

少人数ゼミ形式の「就職ガイダンスフォローアップ講座」の様子

 キャリアセンターでは、1年次前期から2年次後期にかけて「就職力アップセミナ」を4段階で開講し、自己分析や職業研究、資格取得などのプログラムを実施する。学生は将来を見据えて自ら学び、挑戦や努力を重ねていく姿勢を身につけている。授業外のセミナであるにも関わらず、1年前期の受講率は8割以上。「自分の力をもっと伸ばしたい」と意欲的な学生の声を受け、夏休み期間にゼミ形式のフォローアップ講座も実施している。そして3年次からは就職活動に直結した「就職ガイダンス」「就活セミナ」、産業界との太いパイプを活かしたインターンシップや学内企業説明会などを行い、学科の指導教員とキャリアセンターの職員が連携した「対面指導」も重視。1年次から4年次まで切れ目のないキャリア教育・就職サポートにより、学生それぞれが社会での自己実現に向けて力強い一歩を踏み出している。

 内定を獲得した4年生や卒業生が、前述の「就職ガイダンス」に協力。後輩たちに向けて自身の体験談に基づくアドバイスや応援メッセージを送っている。さらに、学生の自己実現を支えるため、教職員は保護者との関係づくりも重視。教育懇談会などで交流を深めて、学生が自立して社会へ羽ばたくための支援・見守りのあり方を共有している。

 「一人ひとりとの対話」を大切にする大同大学。学生個々の志向や意欲に対し柔軟に応え、男性化粧品メーカー協力の「男子学生身だしなみ講座」を開講するなど、新しい就職講座や支援の取り組みを次々と実施している。「多様な人とのつながり」が根底にある手厚いサポートのもと、学生たちは職業観・人生観を豊かに培い、自分らしいキャリアを拓いていく。

三浦 可菜さん

豊橋市役所 産業部 農地整備課 三浦 可菜さん 2015年度 工学部 建築学科 土木・環境専攻 卒業

土木の学びを活かし、まちの未来を輝かせたい

 道路や橋、河川などを造り、安全・安心な暮らしを支える土木分野に興味を持ち、土木・環境専攻で学びを深めました。最も印象に残っている授業は、3年次の「都市開発プラン実習」です。実際の地方都市を想定し、道路、駅、商業施設などの配置を考えるという実践の機会がありました。まちの文化や経済、福祉、観光などのあらゆる視点から都市のあり方を考え、図面を描き上げ、プレゼンテーションする中で、「都市開発」の重要性を実感しました。就職活動では、研究室の先生に相談しながら進路を選択。土木職員を志望し、歴史や文化などの魅力が多い豊橋市で働きたいと考えました。先生やキャリアセンターの職員の方々の親身な面接指導・履歴書の添削のおかげで、希望通りの道に進めたと心から感謝しています。

 現在は農地整備の仕事に携わり、在学中に修得した測量やCADなどの基礎知識・技術を活かして働いています。まちづくりは、何年、何十年という長いスパンで取り組むものです。一つひとつの仕事を通して市民の皆さんに貢献するとともに、都市計画に関する新たな知識やスキルを身につけ、このまちの今と未来に役立つ人へと成長し続けたいと思います。

HP http://www.daido-it.ac.jp/
キャンパス 名古屋市南区滝春町10番地3
お問い合わせ 入試・広報室 フリーダイヤル:0120-461-115
大学情報を見る
資料請求・願書請求