大学の新聞

東海学園大学 学部教育で養われる高い専門性を 新設されたキャリア開発センターが力強く支援
大学情報を見る
資料請求・願書請求

「共生(ともいき)」の精神を礎に幅広い視野を育てる

名古屋キャンパスに誕生した図書館

名古屋キャンパスに誕生した図書館

 1995年の開学以来、時代の変化や学生の多様な学び、興味に柔軟に対応しながら発展を続ける東海学園大学。学園全体として仏教精神に基づく「共生」「勤倹誠実」を教育の理念に掲げ、人間力豊かで専門性の高い職業人を育成している。

 中でも「共生」の精神は、学生同士が互いに慈しみ合い、支え合い、切磋琢磨し合う心を育む。松原武久学長は「共生のもとで今やるべきことに精一杯の力で取り組むこと、自分を支えてくれる人に誠実に対応することで学生一人ひとりが強くなり、それぞれの未来につながっていく」と話す。

 2014年に新設した人文学部心理学科を含め5学部6学科を有する同大学では、こうした「共生」の精神を礎に総合的教養を身につけた幅広い職業人養成をめざして特色ある取り組みを展開。そのひとつとして県内の食品メーカーとコラボレートし、4学科が横断的に取り組む「とうがくカレー」の開発を毎年行っている。今年は心理学科の学生が主体となり、人文学科がパッケージデザインを担当。経営学科がマーケティングを、管理栄養学科が食材選定などを担当。他学部の学生同士が協働することで視野が広がり、企画力やコミュニケーション力を身につけることができる。

 また今年秋には、名古屋キャンパスの新図書館が完成を迎える。地下1階、地上3階というビッグスケールで学術書をはじめさまざまなニーズに応える実用書など蔵書が充実。学びの共有スペースであるラーニングコモンズも配置され、学生の学ぶ意欲をさらに高める快適な学習環境が整えられた。

3つのプログラムでキャリア形成をサポート

 同大学では今年、これまでの就職課と教職センターを融合した形で「キャリア開発センター」を開設。学生の職業観や将来の考え方を早い時期から醸成し、各分野のトップランナーとなる学生を育成するのが目標だ。まず1年次には全学共通科目「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」を実施。今後のキャリアを考えるために必要な知識や社会的なスキルを身につけ、キャリア観を養う。「全学共通科目ですが学部によって学生のめざす道が当然異なるので、各学部との連携を大切にしながら進めていきます」とキャリア開発センター長の青谷法子教授は話す。

 2年次からは「キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)」「公務員サポートプログラム」「教職サポートプログラム」の3つを展開。「CDP」では企業への就職をめざす学生を対象に、面接や筆記試験など就職活動に必要なすべてのサポートを行う。特に筆記試験対策は模擬試験を1・2年次から実施。自分の弱点を明確にしながら、基礎学力の向上をめざす。また「公務員サポートプログラム」では幅広く出題される教養試験の対策や二次試験対策も徹底して行っていく。

 5学部すべてに教職課程がある同大学では、多くの学生が教職をめざしているのも特徴。「教職サポートプログラム」では教員採用試験対策を実施。個別指導も充実させて手厚くサポートする。

 これら3つのプログラムに共通する概念が「コア・プログラム」だ。企業や団体と連携して行うアクティブ・ラーニングやグループワーク、インターンシップなどを通して社会人基礎力が身につくように構成。また各学部教育ではより専門性を重視した骨太な教育を実践。高度な専門知識と社会人として必要な課題発見能力、問題解決能力の双方を身につけ、幅広い分野で活躍する人材へと成長していくのだ。

 さらには10万人以上の卒業生を輩出する東海学園のネットワークも学生にとっては心強い。在学中、就職活動時はもちろん、卒業後もこの学園力が大きなサポートとなり学生たちを見守っていく。

松本 涼子さん

名古屋市立 小学校教員 小木曽 麻央さん 2013年度 教育学部 教育学科卒業

大学の手厚いサポートのおかげで教員になれたと実感しています

 学生時代は教員をめざす学生が参加する学習サークルに参加。他大学から同志が集まりさまざまな話をすることが多かったのですが、その中で東海学園大学のサポート体制は他大学と比べてとても充実していることに気づかされました。進路や学習について相談すれば常に親身になって指導してくれましたし、また指導案作成や面接練習など学生の希望にも時間の許す限り対応してくれました。

 こうした手厚いサポートのおかげで、物事を持続することが苦手だった私も晴れて教員になることができたのだと実感しています。その反面、当時は教員採用試験の勉強ばかりに目が向いていて、学業以外のことに積極的に取り組むことがあまりできませんでした。これから教員をめざす皆さんは、さまざまな経験を積んで幅広い視野を養ってほしいと思います。

 教員になってからは続けて小学校2年生の担任を受け持ちましたが、個性豊かな子どもたち1人ひとりに合わせた対応力が必要だと改めて感じています。子どもたちの課題を見過ごさず、きめ細やかな指導ができる教員になりたいと思っています。

HP http://www.tokaigakuen-u.ac.jp
三好キャンパス 愛知県みよし市福谷町西ノ洞21番地233
名古屋キャンパス 名古屋市天白区中平二丁目901番地
お問い合わせ 入試広報課 フリーダイヤル:0120(24)9174
大学情報を見る
資料請求・願書請求