大学の新聞

中京大学 次代の教育を見据えた展開で 自ら考え、行動する人材を育成
大学情報を見る
資料請求・願書請求

「NEXT10」を基に建学の精神を具現化

 「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」を建学の精神に掲げ、研究と教育に邁進し、社会の多様な課題に挑み、発展に貢献し続ける中京大学。2014年に開学60周年を迎え、次代の教育を見据えた「中京大学長期計画NEXT10」を策定。計画は5つの分野とそれを具現化する10の推進事項で形成。「(教育分野)自ら考え、行動するしなやかな知識人を育成する」「(研究分野)研究力を強化し、中京大学を飛躍させる」「(社会連携分野)地域の交流・連携の核となる」「(国際化分野)世界をキャンパスに、キャンパスを世界に」「(卒業生連携分野)世代を超えるChukyоアイデンティティ」を掲げ“しなやかに挑み続ける新生・中京大学”をテーマに全学一丸となって取り組んでいく。

 これらNEXT10の教育分野の中でも注力するのがアクティブラーニングだ。例えば総合政策学部の坂田隆文ゼミでは、中日ドラゴンズ等企業への企画提案やコンテスト参加等の取り組みを学生主導のもと進めている。卒業生や企業人といった立場の異なる他者と関わりながら学ぶなかで自主性が養われ、プロとして働く厳しさを体験的に学ぶ機会となる。

 また同大学ではスポーツに関する教育と研究、社会貢献をさらに発展させるために「梅村学園・中京大学スポーツ将来構想会議」を発足。その中の「中京大学スポーツ・ミュージアム構想」では1964年東京で行われた国際大会の式典資料の整理・デジタル化を推進。スポーツ科学部・工学部・現代社会学部が連携しメダルなどを3D化・4D化する展示技術の開発にも取り組む。

 さらに学内外でトップアスリート育成事業「CISP(※1)」を展開。大手スポーツメーカーと事業などの連携協力協定を締結し、選手指導のノウハウとケガの予防・回復や動作改善、運動能力向上をつなげる独自のメソッドで、プロのスポーツ選手から学生アスリートまで幅広くサポートしている。トップアスリートや学生トレーナーの育成、地域貢献、教育・研究との連携を通して競技力向上を目指す。

独自のキャリア支援で就職と資格取得をサポート

全国の採用担当者が参加する「Chukyo就職EXPO」

全国の採用担当者が参加する「Chukyo就職EXPO」

 同大学ではグローバル社会に対応するために全学部で留学が可能となっている。国際センターでは個別協定校をはじめ、世界の約300大学が加盟するISEPとの交換留学、1学期間集中して英語を学ぶセメスター留学や海外短期研修のプログラムを展開。学生が学びや目的に合わせて留学できる環境を用意している。

 就職活動ではキャリアセンターが入学直後から卒業後の自分を見据えられるキャリア支援を実施。セミナーや個別面談を通して早い段階から職業観や就職への意識を高めている。企業の人事担当者や卒業生から直接話が聞ける「業界研究セミナー」や、地元や全国の優良企業が行う「Chukyо就職EXPO」などは就職活動に有意義な情報を得られる貴重な機会だ。

 また資格センターでは外部から一流講師を招いてさまざまな資格対策講座を開催している。中でも公務員試験対策講座が充実。選抜試験成績の上位者には自習用のスペースを提供するなど、学生のモチベーションを引き上げる学習環境が功を奏し毎年多数の現役合格者を輩出。超難関といわれる国家公務員総合職は昨年も2名が合格。着実に実績を重ねている。また教員採用試験も昨年は233名(既卒者含む)が合格を遂げている。

 さらに就業体験を通して職業観と社会性を身につけるインターンシップも積極的に実施。キャリアセンターが独自に提携する企業・団体の中で行う学内選考型と企業選考型、学生自身がインターンシップ先を探すチャレンジ型など、いずれも学生が達成感を感じられるように事前・事後のサポートにも力を入れている。こうしたキャリア支援に取り組みながら、中部地区私立大学トップの水準を堅持し続けている。

※1 Chukyo University Institute Sports Performance

松井 英恵さん

トヨタ自動車株式会社 松井 英恵さん 2009年度 国際英語学部卒業

英語力を活かし、周囲から頼られる“幹”となる存在を目指して

 「英語を身につけておけば、将来どんな仕事にも活かせる」という、高校の先生のアドバイスから、様々な人が集い、資格取得のサポートも充実している中京大学へ進学を決めました。国際英語学部は英語を母国語とする先生が多く、話すことへの抵抗もなくなり、自然と英語力が向上していきましたね。また少人数制のため、学生同士が競い合い、助け合いながら絆も深まりました。

 在学中はほかにも学内講座を利用して資格取得に挑戦。アルバイトをしていた格式ある料亭では仲居という仕事を通して、着物の着付けや作法、気遣いなど和の心を身につけることができたと思います。

 現在は海外拠点とやりとりのある部署へ配属となり、エンジニアの決定事項を国内外の企業に伝えるための書類作成や、海外出張のための手配、来日するエンジニアの受け入れ手配なども引き受けています。上司に「自分が幹となる仕事をもつべき」と言われてからは、「海外とつくものは全て松井に」と頼られる存在になろうと決めました。これからも周囲の役に立てるよう、常に考え、改善を重ねていきたいです。

HP http://nc.chukyo-u.ac.jp
名古屋キャンパス 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
豊田キャンパス 愛知県豊田市貝津町床立101
お問い合わせ 入試センター TEL:052(835)7170
大学情報を見る
資料請求・願書請求