大学の新聞

中部大学 独自の「テーラーメイド教育」と「知育地活の新教育」による知と技と人間力の育成
大学情報を見る
資料請求・願書請求

時代を読んだ教育改革を推進 更に「宇宙航空理工学科」を構想中

一人ひとりの興味に合わせた「テーラーメイド教育」が展開される経営総合学科での授業風景

一人ひとりの興味に合わせた「テーラーメイド教育」が展開される経営総合学科での授業風景

 「不言実行、あてになる人間」を建学の精神に掲げ、自主的かつ社会的責任を果たせる人間を育成する中部大学。その歴史は1939年に開校した名古屋第一工学校に始まり、その後1964年に中部工業大学として開学、日本の産業を支える“ものづくり”を担う人材を育成する工科系大学の基礎を構築。現在は、約1万1000人が学ぶ中部圏屈指の文理融合の総合大学「中部大学」へと発展。グローバル化に対応する改革を随時行いながら、社会から信頼され、社会を支える専門職業人の教育に取り組み続けている。

 同大学では2014年の開学50周年を機に「テーラーメイド教育」を実践。少人数教育で学生一人ひとりの意欲や夢を尊重し、自主性や自発性を養っている。

 本年度よりテーラーメイド教育の一環として、経営情報学科・経営学科・経営会計学科の3学科を経営情報学部に統合。学生は経営・情報・会計・経済・法律の5分野を幅広く学び、その中から興味・関心の高い分野を見い出して専門的に学びを深めていく。

 国際関係学部も従来の3学科を統合して国際学科1学科として、学びの自由度を高めてアクティブな学びの機会を整備した。その中のひとつ「ハイブリッド・プロジェクト」では、専門分野の異なる複数の教員がグループでプロジェクトを構成。学生は主体的にテーマを選択し、チームで学習や研究を進めて、興味のある分野の専門性を深めていくことで幅広い視野と知識、また世界に通用するコミュニケーション力や行動力、実行力を育んでいく。

 更に同大学では、平成30年度の開設を目指して工学部に「宇宙航空理工学科(仮称)」の設置を構想している。航空宇宙産業は日本の未来開拓産業として、東海地域を拠点に着実に展開されており、地域の大学として圧倒的に遅れている人材育成に積極的に貢献することを決意。地域の人材を地域で育成し地域で活用する「知育地活」の教育により、新産業と地域の発展に資することが、同大学の立場であり新学科設置の根拠である。新学科は産学官の新たな連携の下に、21世紀中葉のこの分野を牽引する知と技と人間力を備えた人材の育成に集中するという。

知の拠点として多彩な取り組みを実践

 同大学では地域とも積極的に連携。2013年には「春日井市における世代間交流による地域活性化・学生共育事業」が文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(COC ※1)」に採択され、現在も春日井市と連携したさまざまなプロジェクトが行われている。

 そのひとつである「地域連携住居」は春日井市と同大学、UR都市機構が共同する取り組みで、高蔵寺ニュータウン内に住居を用意。高齢化の問題を考え、街の活性化を図りながら、地域社会とのコミュニケーション力や人間力を高めることができる。

 また2015年の文部科学省による「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+ ※2)」にも、岐阜大学を中心とした事業体として参画。“地域活性化リーダー”を育成すると同時に、この取り組みを通して岐阜県へのUターン就職率の向上も目指していく。

 さらに従来のインターンシップとは異なる報酬型インターンシップも特徴的だ。学生の労働に対して実際に報酬が支払われることで、学生はより実践的な体験ができ、専門的な知識やスキルの修得にもつなげることができる。

 このような実学主義は社会からの評価も高く、2015年度卒業生の就職率は98.8%を達成。約7万人以上の卒業生を輩出する同大学のネットワークや、同大学と産学協同を推進する中部大学幸友会からの約750社に及ぶ企業情報提供も学生にとっては心強い支援だ。これらに加え、父母との連携も功を奏し、毎年高い就職率を維持している。

※1 Center of Community
※2 Center of Community Plus

播木 孝さん

まつした整形外科 理学療法士 播木 孝さん 2015年度 生命健康科学部 理学療法学科卒業

地元の人々の暮らしやスポーツを支える理学療法士に

 幼少期から続けていた野球のケガや故障で整形外科に通うことが多く、その頃から理学療法士に憧れていました。中部大学では「スポーツ外傷系理学療法」の授業が印象的で、学生同士で実際に動作を分析し、どう改善を図るかを考える実習が大きな刺激となりました。また「臨床実習」で医療現場を体験したことや、うまくいかずに悔しい思いをした経験も、今では1人でも多くの患者さんの力になりたいという原動力へとつながっています。

 就職は整形外科を希望、大学のキャリア支援課では就職先の情報提供や履歴書の添削、面接の練習などきめ細やかなサポートをしていただき、感謝するとともに期待に応えられるよう頑張ろうとも思いました。

 今の職場では、さまざまな疾患に悩まされている患者さんに対して、一緒に悩み、考えながらリハビリを施すこと、また症状が改善された時に患者さんと喜びを分かち合えることにやりがいを感じています。これからも理学療法士として、生まれ育ち、そして学んだ春日井市の人々の暮らしやスポーツ活動の支援に関わっていきたいと思います。

HP http://www.chubu.ac.jp
春日井キャンパス 愛知県春日井市松本町1200
お問い合わせ 入学センター フリーダイヤル:0120-873941
大学情報を見る
資料請求・願書請求