大学の新聞

愛知淑徳大学 大学の理念「違いを共に生きる」のもと、 めざす未来で自分らしく輝く。
大学情報を見る
資料請求・願書請求

社会で役立つ専門性と豊かに生きる力を磨く

 「十年先、二十年先に役立つ人材の育成」をめざし、1905年の創立以来、常に時代の一歩先をゆく教育を実践してきた愛知淑徳学園。1975年に愛知淑徳大学を開学し、1995年には共生社会の実現に向けて男女共学体制に移行した。その根底に脈々と流れるのが、大学の理念「違いを共に生きる」だ。国籍、言葉、文化、性別、年齢、障がいの有無など、互いの違いを認め合い、生かし生かされ合う存在として共に生きる―2016年、新学部の開設やカリキュラム改編などにより、実社会で「違いを共に生きる」を体現していくための教育体系をさらに強化した。

 この春に新設されたのは、グローバル・コミュニケーション学部。すべての専門教育科目を英語のみで実施し、世界の人々と共に行動できる「地球市民」の育成を目標とする。この他にも愛知淑徳大学は、グローバル社会で通用する力を多様な角度から伸ばしている。文学部英文学科では、英語学と英文学の専門性を磨き、英語圏の文化背景を理解したコミュニケーション能力を養成。交流文化学部では、言語、交流、観光の3分野の学びを軸に「多文化共生」に貢献できる専門性や広い視野を養う。ビジネス学部は、ビジネス英語に加えてビジネスの専門知識を英語と日本語のバイリンガルで学修できるグローバルビジネス専攻を用意。それぞれの専門性を活かしたグローバル教育が展開される。

 そして、2017年4月、健康医療科学部に健康栄養学科が誕生する(設置認可申請中)。栄養と食に関する高度な知識と技能に加え、「チーム医療」の一員として活躍できる実践的能力を備えた管理栄養士を育成する。管理栄養士や医師、歯科医師など多彩な講師陣による授業や、愛知淑徳大学クリニックと連携した体験学習で実践力や応用力を身につける。また、2017年3月には専用の健康栄養学科棟(上部左図)も新設され、多岐にわたる実習や実験にも対応する。こういった学修環境のもと、医療、福祉、介護などさまざまな現場で活躍し、健康長寿社会に貢献できる管理栄養士をめざす。

 自分の興味やめざす進路に合わせて学修・研究できる、愛知淑徳大学の9学部13学科。その学びの場には、数多くのチャンスが広がっている。

個々の輝きを引き出す実践的教育

「ALL ENGLISH」の授業を展開するグローバル・コミュニケーション学部

「ALL ENGLISH」の授業を展開するグローバル・コミュニケーション学部

 キャリア教育においては、全学の教職員が連携し、学生に対するきめ細かいサポート体制を構築。「自己実現」へとつながる「自己確認」「自己認識」を重視している。

 進路実現に直結したキャリア教育・キャリア支援を推進するのが、キャリアセンターだ。独自のプログラムによって学生の就業力や自立心を育んでいる。年々規模が拡大している「インターンシップ研修」には、多くの企業や公共機関、NPOなどの協力のもと、昨年度は延べ513人の学生が参加した。他に「海外インターンシップ」「プロジェクト・ベースト・ラーニング」など実践的な力を鍛える取り組みもスタートし、行動力や思考力、社会人基礎力を涵養している。さらに、1級キャリア・コンサルティング技能士などの資格を持つ経験豊かなキャリアアドバイザーが、学生の「気づき」を促し、自身の可能性に挑む力を引き出していく。

 また、コミュニティ・コラボレーションセンターでは、学生のボランティア活動をサポートしており、昨年度は延べ17,052人が活動に参加した。国際交流、まちづくり、福祉、環境などの多彩な活動を通して、自ら課題を発見し解決する力を身につけている。

 一人ひとりの力を信じて伸ばす愛知淑徳大学。学生たちが地域や社会、世界のあらゆるフィールドで輝けるよう、未来への一歩を後押ししている。

嘉藤 明里さん

株式会社ジェイアール東海高島屋 嘉藤 明里さん 2015年度 心理学部 心理学科 卒業

心理学の学びを活かし、チームで“感動”をつくりたい

 「コミュニケーションに正解はない」。そう気づいたのは、大学2年次のとき。対人コミュニケーション論の講義でのことでした。当時の私はボランティア団体のリーダーとして奮闘中。多様な個性の仲間をまとめながら“正しい人間関係”を求め、焦っていました。その心をほどいたのが、心理学の学びでした。また、自分のリーダー像を確立するきっかけになったのが、産業・組織心理学の講義。組織と個人の関係を、個人の動機や意識の視点から学びました。

 こうした“こころ”と向き合う学修や仲間との協働を経て、胸に刻まれた想いは、「やっぱり、人が好き」。進路選択において「人と心を通わせ合い、笑顔を広げる仕事に就きたい!」という軸が明確になり、百貨店への就職を決意しました。現在は婦人服売場を担当。大学で培ったコミュニケーションやマネジメントの力を活かしてCS(顧客満足)向上や売場環境の改善などに励んでいます。価値観の異なる仲間とどう対話し、いかに自分らしさを発揮して、最高のショッピングゾーンを創り上げるか。「コミュニケーションに正解がない」ことに気づけたからこそ、今、多くの人との出会いを楽しむ毎日です。そして、より相手と心を通わせていける社会人になりたいと思っています。

HP http://www.aasa.ac.jp
長久手キャンパス 愛知県長久手市片平二丁目9
星が丘キャンパス 名古屋市千種区桜が丘23
お問い合わせ アドミッションセンター TEL:052(781)7084(直通)
大学情報を見る
資料請求・願書請求