いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2012年4月24日

「なぎなた」どんな競技? 中学武道で導入も

気剣体一致 奥深さ魅力

「リズムなぎなた」のポーズを決めるなぎなた部員。後方の左右4人は学生スタッフ

 今春から中学校で武道が必修となった。学生スタッフが着目したのは「なぎなた」だ。文部科学省の抽出調査では、導入を予定する学校は0.3%とわずかだが、音楽に乗せた演武がある上、高校の部活を題材にした漫画が人気を集めている。強豪校の大阪体育大(大阪府熊取町)を訪れ、なぎなたの魅力に迫った。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月24日 13:44 pm

2012年4月24日

なぎなたを初体験 技が決まると快感

名古屋外国語大3年 上野 彩加

なぎなたを体験する学生スタッフ。左から3人目が筆者=名古屋市天白区の東海学園高校で

 学生スタッフ4人は今月上旬、東海学園高校(名古屋市天白区)で初めてなぎなたを体験した。同校なぎなた部出身で学生スタッフの高嶋奈穂子さん(名古屋外国語大3年)が企画した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月24日 13:37 pm

2012年4月24日

Re:「武道について思うこと」

>のんびり屋の友人が合気道で別人のようにハキハキした性格に。(1年女)

>テコンドー体験で分厚い板を割れたときはカ・イ・カ・ンでした。(1年男)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月24日 13:29 pm

2012年4月17日

廃校の思い出 木版画に 岐阜・高山で名古屋芸大生

校歌もとに風景刻む 地元小中生と「百景」目標

名古屋芸大の学生(中)に手伝ってもらいながら、版画作りに取り組む小中学生ら

 名古屋芸術大美術学部(愛知県北名古屋市)の学生が、岐阜県高山市で廃校になった学校の風景を同市の小中学生らと木版画にしている。かつての学びやの記憶を未来に伝えようと、校歌からイメージされる風景を選び、100枚を目標に取り組んでいる。 (江南通信部・添田隆典)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月17日 12:08 pm

2012年4月17日

ラクロス部伝統の社会貢献 献血活動で恩返し

名古屋大3年 近藤 大貴

献血の受け付けをする学生たち=名古屋市中区の栄広場で

 東海地方の18大学30チームのラクロス部が加盟する「日本学生ラクロス連盟東海支部」は3月、日赤の協力を得て、名古屋市中区の栄広場で献血活動をした。名古屋大ラクロス部員の私も支部の広報委員長として参加した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月17日 11:58 am

2012年4月17日

光で原子や分子操りたい

名古屋大大学院理学研究科 山口 茂弘教授

名古屋大大学院理学研究科 山口 茂弘教授

 太陽電池や有機エレクトロルミネッセンス(EL)画面の研究課題の1つは、電子を良く通す材料の開発。炭素材料にホウ素を組み込むことが有望で、新たな方法で合成することに成功した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月17日 11:55 am

2012年4月17日

描いたキャラ PRパンフに

飯田女子短期大家政学科家政専攻2年 伊藤由里さん

 長野県飯田市の飯田女子短期大の家政学科家政専攻に女の子のオリジナルキャラクターが誕生した。デザインした2年伊藤由里さん(19)=同市=は「気に入ってもらえるかな」と照れ笑いする。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月17日 11:51 am

2012年4月17日

Re:「私の好きな缶詰」

>貝柱缶。ピラミッド形に積んだり夜こっそり味わう。至福のひととき。(3年女)

>1人暮らしの時はツナ缶を常備していた。サラダには必ず入れる!(院2年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月17日 11:36 am

2012年4月10日

非常食の定期宅配軌道へ 名古屋出身の学生 新ビジネス

大震災での食料事情きっかけ

大量の段ボール箱に囲まれ、食料を仕分けていく古池さん(左)と古川さん=京都市左京区で

 名古屋市出身の学生2人が中心になり、おいしい非常食セットを定期的に宅配するビジネスを始めた。きっかけは東日本大震災での食料事情。事業資金はインターネットで賛同者から募った。すでに100人分を受注し、ビジネスは軌道に乗りつつある。(京都支局・芦原千晶)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月10日 14:10 pm

2012年4月10日

留学生の日常サポート 寝食共に第2の家族

名古屋外国語大3年 大野 梓衣奈

留学生たちに誕生日を祝ってもらった筆者(前列右から3人目)=愛知県日進市で

 名外大の留学生が暮らす施設「インターナショナルハウス」(愛知県日進市)で、彼らの日常をサポートするレジデンスアシスタント(RA)として共に生活している。任期は7月までの1年間だ。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年4月10日 14:06 pm