いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2012年3月27日

米国ディズニーで就業体験 名古屋外国語大の11人

英語で接客 試練の6カ月

笑顔で料理を手渡す中村璃紗さん(左)。外資系企業への就職を目指している

 「夢の国」の舞台裏は甘くはなかった。名古屋外国語大(愛知県日進市)の学生が米フロリダ州のリゾート施設群「ディズニーワールド」でインターンシップ(就業体験)に励んでいる。忙しい中、英語で機転の利いた接客をするのは容易ではない。「このままでは日本に帰れない」と必死に学んでいる。 (教育報道部・西尾述志、写真も)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月27日 11:09 am

2012年3月27日

繊細な箸遣いに感銘 懐石料理の作法を体験

名古屋文化短大2年 高木 彩

振り袖姿で懐石料理を味わいながら、作法を学ぶ筆者(左)=名古屋市昭和区の八勝館で

 私の短大は、社会人として必要なマナーを教える研修を定期的に学内外で開いている。服装や座り方、ナプキンの使い方、料理の注文の仕方などを学ぶ。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月27日 10:57 am

2012年3月20日

人生の足場くれた「高卒認定」 名古屋経済大4年・湯上翔太さん

回り道したが「恩受け継ぐ」

「何か一つやれば、第二、第三のチャンスが転がり込んでくる」と話す湯上翔太さん

 中高一貫校で不登校になり、中退した。でも、「高卒認定試験」をきっかけに新しい人生を歩み始めた学生スタッフがいる。名古屋経済大4年の湯上翔太さん(23)。出会いにも恵まれ、充実した学生生活を送ってきた。卒業を迎えた今、何を思うのか。学生スタッフが軌跡をたどりながら、胸の内に迫った。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月20日 14:14 pm

2012年3月20日

Re:「スタッフ「卒業の言葉」」

>個性派ぞろいのスタッフ、取材相手にいつも圧倒されっ放しだったが、いい刺激になった。(南山大4年・伊藤真志)

>新聞作りは取材や討論を通して分かりやすく魅力的に表現する必要があると実感した。(愛知淑徳大4年・川戸真里奈)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月20日 14:14 pm

2012年3月13日

HIV関心持つきっかけに 音楽ライブを開催 大津・成安造形大のグループ

地方の若者に予防訴える

エイズ理解の象徴として手首に赤色のバンドを巻くライブ出演者=大津市内のライブハウスで(宇野さん提供)

 大津市の成安造形大の学生グループ「My Dear Project」が同世代にエイズウイルス(HIV)を啓発している。若者が集まりやすい音楽ライブで「まずは関心を持つきっかけをつくりたい」と意気込んでいる。 (大津支局・滝田健司)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月13日 11:23 am

2012年3月13日

貧困家庭でも希望を 中学生の無料学習教室

中部大3年 鈴木 雄太

生徒に勉強を教える筆者(左)=愛知県春日井市の「きみいろ」で

 所属する臨床心理学ゼミの活動として、愛知県春日井市で無料の学習教室「きみいろ」を開いている。主に家庭の経済的事情で家庭教師や塾を利用していない中学生4人を学生4人が教えている。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月13日 11:16 am

2012年3月13日

険しい剣岳の登頂に再挑戦

富山大大学院理工学教育部2年 和田一真さん

 富山大大学院理工学教育部2年和田一真さん(24)=愛知県春日井市出身=は昨年12月、北アルプス・剣岳(2,999メートル)に今シーズンの冬山登山第一陣として入山した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月13日 10:59 am

2012年3月13日

Re:「スキー派、スノーボード派どっち?」

>ボード派です。週1で滑っています。(3年男)

>友達に無理やり連れて行かれた初ボード。今では道具もそろえ、自分が友達を無理やり連れて行く側に。(2年男)

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月13日 10:52 am

2012年3月06日

賭けず 知的に 麻雀

全国20大学の「学生連合」活動中

「麻雀は駆け引きが面白い。志の高い人と打ちたい」と話す米坂瞳さん

 麻雀(マージャン)といえば、賭け事のイメージがつきまとうが、「賭けない麻雀」を掲げて活動する学生団体がある。「学生麻雀部連合」だ。女子学生の会員もいる。なぜ発足し、どんな取り組みをするのか。学生スタッフが取材した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月06日 12:19 pm

2012年3月06日

日本でホームステイ 教育の違いを発見

星城大1年 王茜楠(オウセンナン)

昨秋、愛知県大府市国際交流協会を通じ、同市内で2日間、ホームステイをした。ホストファミリーは日本人の夫と中国人の妻にお子さんがいる一家。私のためにいろいろ準備してくださった。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年3月06日 12:09 pm