いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2011年9月27日

仲間感覚で企業に投資 注目集める社会貢献型ファンド

「事業者の“熱”伝えたい」

猪尾さん(右)を取材する学生スタッフたち

 共感を覚える企業を投資で応援したい-。そんな思いを形にした「社会貢献型ファンド」が脚光を浴びつつある。東日本大震災で被災した商店や鮮魚店の復興を助けるファンドも登場した。なぜ注目を集めるのか。ファンドを運営するミュージックセキュリティーズ(東京)を学生スタッフが取材し、考えた。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月27日 13:27 pm

2011年9月27日

ろう流し“天ぷら”完成 食品サンプル作り

星城大4年 竹内 友貴

岡邦夫さん(後列左)に食品サンプル作りを教わった学生スタッフ。筆者は後列中央=名古屋市天白区の旭食品サンプル製作所で

 学生スタッフ4人で名古屋市天白区の「旭食品サンプル製作所」を訪れ、天ぷらや野菜などの食品サンプル作りを体験してきた。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月27日 13:16 pm

2011年9月27日

Re:「だらけた自分をシャキッとさせる方法」

>テレビを消して、音楽をガンガン流す!(2年女)

>頑張っている人のことをネットで検索。「こんな自分じゃだめ!!やらねば!」という気持ちになる。(博3年男)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月27日 13:12 pm

2011年9月20日

ケニアの子の栄養改善を 岐阜・あじさい看護福祉専門学校

目標額を超える募金を達成した学生有志ら=岐阜県美濃加茂市川合町のあじさい看護福祉専門学校で

 岐阜県美濃加茂市のあじさい看護福祉専門学校の学生有志22人が夏休みに、先輩がケニアで進めている子どもたちの栄養改善プロジェクト(PJ)を支援する募金活動をした。現地では貧困を背景にエイズ感染が拡大しており、日本からの善意が「ケニアの子の生きる希望につながれば」と学生らは期待している。 (美濃加茂通信局・安藤恭子)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月20日 10:57 am

2011年9月20日

机と椅子学校へ寄贈 タンザニアで国際協力

中部大1年 有村 里紗

寄贈された机と椅子に着き、笑顔を見せる児童たち。手前左から2人目が筆者=タンザニアのブザ小学校で

 私は大学で「国際協力入門」の講義を受けている。担当の青木澄夫教授と8月に約2週間、タンザニアを訪れた。訪問先は都市と地方の小中学校、国際協力機構(JICA)青年海外協力隊の職場、日本企業などだ。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月20日 10:47 am

2011年9月20日

幻の大津城をCGで復元

成安造形大 森田 健講師

成安造形大 森田 健講師

 関ケ原の合戦(1600年)の直前に落城した大津城をコンピューターグラフィックス(CG)でよみがえらせる「大津城復元プロジェクト」に取り組む。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月20日 10:37 am

2011年9月20日

運動選手の力 研究して発表

松本大大学院健康科学研究科1年 伝田友樹さん

 韓国・大邱市で8月に開かれた国際スポーツ科学学会で、「間欠的持久運動力」の研究結果を発表した松本大大学院健康科学研究科1年の伝田友樹さん(22)=長野県松本市。「英語での発表は緊張したが、一流の研究者と充実した交流ができた」と振り返る。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月20日 10:30 am

2011年9月20日

Re:「GPSで恋人の居場所を知る方法どう思う?」

>そんなに信用できない関係なら、別れた方がましだと思う。(2年女)

>GPSを使う相手の器が小さく思えてしまい、逆に浮気したくなる。(3年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月20日 10:24 am

2011年9月13日

名城大建築学科の学生 島の玄関リニューアル

西港の渡船場。左奥が1階に切符売り場、2階に待合室が入る建物

 アートを生かした地域おこしで観光客が増えている愛知県西尾市一色町の佐久島。その玄関口である渡船場の待合室を名城大(名古屋市)の学生たちが今月上旬、改装した。現場の作業は不慣れのため大いに手間取ったが、殺風景な部屋は心地良い空間に生まれ変わった。 (教育報道部・西尾述志)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月13日 13:01 pm

2011年9月13日

「結構なお点前」を 高齢者福祉施設でお茶会

愛知文教女子短期大1年 井口 萌子

お年寄りのためにお茶をたてる筆者=愛知県一宮市の「新和楽荘」で

 愛知文教女子短期大(愛知県稲沢市)が7月、隣接する一宮市の高齢者福祉施設「新和楽荘」でお茶会を開きました。私を含めた学生と教員約20人がお年寄りや職員の皆さんをもてなしました。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年9月13日 12:00 pm