いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2011年3月29日

外国人の子ども支援 滋賀の県立大と龍谷大の学生

「あ、わかった!」。学生の助言を得て、宿題がはかどる児童

 滋賀県彦根市の滋賀県立大と大津市の龍谷大の学生たちは、ブラジル人学校や保育施設で、外国人の子どもたちに日本語を教えつつ、一緒に遊ぶ活動を進めている。景気悪化で親が帰国を余儀なくされるなど子どもたちの事情はそれぞれだが、学生たちは「身近なお姉さん、お兄さん」として優しく接している。 (彦根支局・伊藤弘喜)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月29日 11:00 am

2011年3月29日

仲間と車で四国巡る 卒業旅行

南山大卒 松本 純子

学生スタッフが卒業旅行で訪れた金比羅宮=香川県琴平町で

 私たち学生スタッフ5人は2月中旬、3日間かけて四国3県をレンタカーで巡る卒業旅行に出掛けた。短い時間ながらも、香川県琴平町の金比羅宮や高知市の桂浜と坂本竜馬記念館、松山市の松山城などを訪れた。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月29日 10:50 am

2011年3月29日

水タバコ
110328_collegemode.jpg

 水タバコはご存知ですか。ディズニーのアニメーション映画『不思議の国のアリス』を見たことがある人には、芋虫のおじさんがぷかぷかやっているやつ、と言えば合点する人は多いかもしれません。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月29日 10:40 am

2011年3月29日

成分の分析に電磁波活用

福井大遠赤外領域開発研究センター 山本 晃司准教授

山本 晃司准教授

 電波と光の中間にあたる波長の「テラヘルツ電磁波」の特性を応用した研究を進める。テラヘルツ電磁波は一部の物質を通り抜ける性質があり、この性質を使って物を壊さずに物質の成分を調べる方法を探っている。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月29日 10:30 am

2011年3月29日

Re:「学生スタッフの卒業の言葉」

>スタッフ活動を通し、たくさんのステキな仲間に出会えたことに感謝!(奈良女子大・佐藤恵依子)

>卒業は夢をかなえる第一歩。結婚して子どもを持っても社会人であり続けます!(南山短大・落合真美)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月29日 10:20 am

2011年3月29日

卒業 学生スタッフ

 卒業を迎えた学生スタッフの仲間同士で、最後の記念写真を撮りました。私は大学院に進学するため、引き続き学生スタッフとして活動しますが、一緒に活動してきた多くの仲間は4月から社会人として新たな一歩を踏み出します。

 卒業する学生スタッフには紙面づくりの経験を生かし、それぞれの場所で活躍すると期待しています。彼らと一緒に作ってきた學生之新聞は、私たちが新たなメンバーとともにより良いものにしたいと思っています。

 (名城大卒・森龍太)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月29日 10:10 am

2011年3月22日

社会の中で幸せ得たい 雅子さん さやかさん

カナダで同性婚を届け出た雅子さん(手前右)とさやかさん(同左)を取材する大学生スタッフ

 女性同士の同性愛カップルの雅子さん(34)とさやかさん(35)は外国人にも同性婚を認めるカナダで結婚式を挙げた。欧米を中心に同性愛のカップルを法的に認める国が広がるが、日本は認めていない。2人の結婚式はどんな様子だったのか。どんな気持ちだったのか。学生スタッフが聞いた。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月22日 11:45 am

2011年3月22日

舞の「命」引き継ぎたい 花祭り

名古屋市立大4年 川瀬 慎一朗

昨年11月に行われた花祭り=愛知県東栄町で

 昨年11月22日夕から23日夕にかけ、愛知県東栄町の月地区で行われた伝統の祭り「花祭り」を見に行った。親戚が月地区に住んでいる縁で、私はこれまでに何度か花祭りを訪れているが、この時も地元の人をはじめ、県外からも多くの人が訪れた。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月22日 11:44 am

2011年3月22日

学生も身近に活用可 お勧め電子マネー

 皆さんは電子マネーの存在を知っていますか。

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月22日 10:00 am

2011年3月15日

繊維で現代アート 飯田女子短大生活造形コース

「JAPANTEX」の会場に設置された学生作品展のコーナー

 飯田女子短大(長野県飯田市)生活造形コースの2年生13人が、インテリア製品の国際見本市の学生作品展に、繊維で作った立体的なアート作品を出品した。服やカーテンなど平面で使われることが多い繊維は今、加工技術が進み、従来にない形を作ることができる。学生たちは繊維の意外な可能性を感じたようだ。
 (飯田支局・木下直哉)

この記事の続きを読む »

編集部|2011年3月15日 14:04 pm