いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2009年10月27日

地域の支えで地産地消実現

ハクサイの苗を植える代表の森さん(左)と沼田さん=滋賀県豊郷町で

 滋賀県立大(滋賀県彦根市)の学生たちが、耕作放棄されたビニールハウスで無農薬の野菜作りに取り組んでいる。野菜は大学の食堂でサラダとして販売され、好評だ。学生たちは安全で安心な地元の食材を提供する「地産地消」の野菜作りに、試行錯誤しながら挑戦している。 (彦根支局・森若奈)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月27日 11:31 am

2009年10月27日

気持ちを映像に 外国籍の子どもと制作
写真

 映像を通じた、素晴らしい取り組みは大学内外にたくさんある。私の参加した現場を、ひとつ紹介したい。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月27日 11:29 am

2009年10月27日

裁判員制度を考える一助に

都築憲儀さん

 裁判員制度への理解を深めるため12月12日に名古屋市東区の愛知大車道校舎で行う模擬裁判(中日新聞後援)の実行委員長を務める法学部3年の都築憲儀さん(21)。50人近い大学生のまとめ役だ。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月27日 11:28 am

2009年10月27日

何げないあいさつの大切さ

 星城大のオープンキャンパスに学生スタッフとして参加しました。18人のスタッフが会場に誘導したり学校を紹介したりする中、私は受付を担当しました。

 来場した高校生たちに「こんにちは」と声をかけると、大きな声で返してくれたり、帰り際に笑顔で「ありがとうございました」と言ってくれて、うれしかったです。何げないやりとりの中にあたたかみを感じ、あいさつの大切さを学びました。(星城大リハビリテーション学部一年、藤井郁衣)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月27日 11:25 am

2009年10月27日

Re:「鳩山政権発足1カ月の評価は?」

>国民への真摯(しんし)な姿勢はすがすがしい。ただ、子育て支援は大学生の家族に大変な負担だと分かってほしい。(3年男)

>マニフェストを守ろうと愚直なところはよい。ただ、首相夫人のビジュアルや言動には突っ込みたくなる。(博1年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月27日 11:24 am

2009年10月27日

国際ワークキャンプ編(1) 今こそ挑戦 独へ出発

古北 達也さん

 名古屋商科大3年 古北 達也

 今回から3回にわたり、今夏にドイツで2週間、ワークキャンプに挑戦した学生を紹介します。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月27日 11:23 am

2009年10月20日

B級スポットを探る

人形を興味深げに見る学生スタッフ

100体超コンクリート人形並ぶ愛知県日進市「五色園」

 愛知県日進市の大安寺が管理する公園「五色園」が今、インターネット上で話題になっている。関心の的は園内に100体以上ある、70年前に作られた巨大なコンクリート人形。その不思議な風ぼうは「B級スポット」と呼ばれる場所を好む人たちの心をくすぐり、修復計画が持ち上がる。学生スタッフが五色園を巡り、人形の魅力を体感した。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月20日 11:15 am

2009年10月20日

キャッチボール通じて 気持ちの交換を
写真

 大学の微妙な空き時間は、ダラダラと過ごしてしまいがち。そんな時間を有意義に過ごす方法として、今回はキャッチボールを勧めたいと思います。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月20日 11:10 am

2009年10月20日

Re:「あなたはテレビ派? ネット派?」

>ブログやチャットでコミュニケーションもできるからネット派。(院1年女)

>テレビ派。いろいろなニュースが1番組で見られて知識が広がる!(3年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月20日 11:05 am

2009年10月20日

学生地域記者編(3) 取材相手は人生の先生

竹内 啓祐さん

 中京大4年 竹内 啓祐

 2009年1月19日

 名古屋市天白区のタウン誌の記者を始めて一年がたった。こんなに勉強になるアルバイトはない。取材する一人一人が人生の先生だ。受験に失敗し名古屋の大学に来なかったら、巡り合うことはなかった。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年10月20日 11:00 am