いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2009年5月26日

古い電車 憩いの場として発車

松本大生ら地域住民と車内で『語らいの会』

地域交流の場として定着しつつある「縁側電車」=いずれも長野県松本市で

 長野県松本市の松本電鉄上高地線新村駅近くに置かれている2両の電車。現役を退いたその電車を地域の人たちの憩いの拠点にする取り組みが、松本大(同市)などの学生と住民らで展開されている。 (松本支局・宿谷紀子)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 11:14 am

2009年5月26日

土地柄、人柄に感動

週末清内人リーダーズ
愛知県立大学3年 上羽 真友美

古民家で楽しむ週末清内人リーダーズの参加者ら=長野県・阿智村で

 週末清内人の舞台は長野県下伊那郡阿智村清内路(せいないじ)。温かい人のつながりと豊かな自然にあふれる小さな村で、山奥の古民家を拠点として村に伝わる遊びや食文化、伝統を受け継ぎながらゆるりと週末を過ごす企画を運営しています。年に2回ほど音楽好きが集うイベントもやります。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 10:34 am

2009年5月26日

写真を撮る楽しみ 一瞬の感動を形に残す
自宅から見える大好きな山の風景、三重県菰野町で

 皆さん、写真を撮るのは好きですか。写真は特別な時、例えば旅行中に撮ることも多いかと思いますが、私は毎日変化する空などの風景や成長する動植動を撮影し、気に入る情景があればすぐに写真を撮っています。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 10:30 am

2009年5月26日

お年寄りの笑顔が何より

石黒竜児さん

 「お年寄りが笑ってくれるのが何よりうれしい」と話すのは、富山短期大福祉学科2年の石黒竜児さん(19)=富山市野口。人のお世話ができたらと、介護福祉士を目指して2月に2週間、特別養護老人ホームで初めて本格的な実習を経験した。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 10:25 am

2009年5月26日

“気分爽快”はじけました!

 大学のゼミの友達と琵琶湖一周のドライブに行ってきました! 写真は、道すがらの滋賀県高島市新旭町の湖沿いにある「道の駅しんあさひ風車村」。オランダ風車が風を受けて心地よく回る絶好のスポットですよ。みんなで元気いっぱいに“気分爽快(そうかい)”のポーズです! ちょっとはじけすぎですか?(立命館大4年・森下亜沙美)

 Photo by =森下亜沙美

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 10:20 am

2009年5月26日

Re:「私の大学、ここが好き!」

>大学周辺にたくさんの居酒屋が。放課後に一杯てなことも。(4年男)

>服はジャージでOK! 私服の方が浮く…。(2年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 10:15 am

2009年5月26日

途上国支援活動編(2) 読み聞かせ通じて 日本との違い実感

学校にて絵本の読み聞かせをする着物姿の筆者(右奥から2番目)、ネパールのカトマンズ郊外で

 奈良女子大3年 佐藤恵依子

 2008年5月3日

 ネパールの首都カトマンズに到着し、まず会いに行った市長は、子どものようにきらきらした目で絵本を見て、感嘆をあげていました。そこで教えてもらったのは、ネパールの国の現状。ほとんどのネパール人が絵本に触れたことがなく、こうして絵本を作って届けられるのはありがたい、と感謝されました。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月26日 10:05 am

2009年5月19日

パソコン使い『ノートテイク』

教科書の音声・点字変換もOK
富山大 身体障害学生支援室

浪川さん(前列(右))の隣で、パソコンを使ってノートテイクをする支援室のメンバーたち

 富山大(富山市)の身体障害学生支援室は、聴覚や視覚に障害のある学生の授業のサポートを学生自身が行っている。もともとは障害のある学生の友人ら有志が取り組んだ活動だったが、昨年、大学が組織として位置づけるため、準備段階として支援室が発足した。現在、メンバーの学生たちが運営に奮闘中だ。 (富山支局・渡辺ゆり)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月19日 10:45 am

2009年5月19日

授業に貢献でき幸せ

外国人児童をサポート
名古屋外国語大3年 重井アマンダ

ブラジル人子弟に日本語を教える重井アマンダさん=浜松市の舞阪小学校で

 私は今、大学を休学して、浜松市の小学校で外国人の児童に授業をポルトガル語で通訳するなどしてサポートしています。その理由は、不況の影響を被った自動車関係の工場に勤めている父親が、幸いながら失業しなかったものの、労働時間が減り、学費納入が難しくなったからです。しかし、この期間をいかして将来につながることをしたいと思い、今まさに希望通りのことをしています。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月19日 10:20 am

2009年5月19日

サゴシの料理 うまいですよ

武藤昂士さん

 福井県が学生から募集した2008年度の街の活性化プランのコンペで、優秀賞となった同県立大生物資源学部4年、武藤昂士(ぶとうたかし)さん(21)=同県小浜市=は「まさか受賞できるとは」と笑顔。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年5月19日 10:15 am