いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2009年4月28日

キャンパス発ラジオ

コミュニティーFMと協力して、 丸1年 福井工業大

スタジオでラジオ番組を制作する学生たち

 福井工業大(福井市)の学生が中心となって学内のスタジオから放送する月?金曜夕方のラジオ番組「キャンパス ステーション」が4月で1年になった。手探りの状態から始め、今では学生たちが番組の企画まで手掛ける。「この時間はラジオ」と思ってくれる人を増やしたい?。番組にかける学生たちの思いは熱い。 (福井支社報道部・増田紗苗)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:30 am

2009年4月28日

介護して心通じ合う

ベトナムでボランティア
名古屋外国語大卒 真崎 翔

枯れ葉剤の被害者とみられる子どもたちと遊ぶ筆者=ベトナムのツーヅー病院で

 ツアーで見られない本当のアジアの国々を体験するため、インドシナ単独陸路ボランティア一周の旅をした。

 回ったのは主にベトナムとカンボジア。特に思い出深いのは、「ベトちゃん・ドクちゃん」や枯れ葉剤被害の研究で有名なベトナムにあるツーヅー病院での10日間だ。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:25 am

2009年4月28日

大学独特のネット生活 役立つパソコン道具
写真

 私の通う大学のキャンパスでは、学内全域が「無線LAN」という、いつでもインターネット接続できる独特な環境下にあるので、多くの学生が常時ノートパソコンを持ち歩いている。パソコンに頼ることは多く、日々の生活になくてはならない。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:20 am

2009年4月28日

スピード感が たまらなくて

岩崎耕介さん

 「学生生活の中心はバスケットです」。信州大経済学部4年の岩崎耕介さん(21)=長野県松本市=は、昨年12月から同学部のバスケットボール部長を務める。10年ぶりにインカレに出場した先輩の後を継ぎ、「自分たちの代も出て勝ち進みたい」。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:15 am

2009年4月28日

訪韓研修団として韓国を訪問

 3月に10日間、日本大学生訪韓研修団として韓国を訪問しました。韓国の文化や歴史、現代社会の様子を学ぶプログラムでした。現地の学生と交流する機会もあり、写真は訪問先のソウル教育大で韓国語の授業を受けているところです。(名古屋大教育学部人間発達科学科国際社会文化コース3年・鈴木まり子)

 Photo by=鈴木まり子

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:10 am

2009年4月28日

Re:「ここを旅したい!」

>ニュージーランドの大自然を悠々と旅したい!(3年男)

>鈍行電車で日本中をまわりたい! 駅弁を制覇!(2年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:05 am

2009年4月28日

ワーキングホリデー編(4) 現地でバイトに挑戦 親友できて英語力向上

カフェで一緒に働いた親友と著者(左)、カナダのバンクーバーで

 愛知県立大3年 船橋依里

 2008年9月

 4ヶ月間の語学学校の卒業後、私はバンクーバー市内でバイトを探した。卒業後の私の英語力は、現地の人と対等に話ができるにはまだ程遠かった。でも、生きた英語を身につけたい、地元の人たちの中で一緒に働きたい。そんな気持ちを胸に、焦りや不安と戦いながら「ダメでもともとだから」と飛び込みで、街の店に入っては履歴書を渡すことを繰り返した。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月28日 10:00 am

2009年4月21日

4年かけ笹葺き屋根修復

立命館大『丹後村おこし開発チーム』

屋根の先まで上り、笹を葺き替える立命館大の学生たち。背後にはトタン屋根に覆われた民家が広がる=2007年11月、京都府宮津市上世屋で

 立命館大びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)の学生が、京都府北部の丹後地方に伝わる笹(ささ)で屋根を葺(ふ)いた古民家の再生に取り組んでいる。地区に一棟だけ残っていた笹葺き屋根を4年かけて修復。後継者不足の中、技術を受け継ぎ、里山を保全しようと汗を流している。 (草津通信部・添田隆典)

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月21日 10:06 am

2009年4月21日

5軒の建設に協力

被災地で住居提供活動
立命館大2年 都築 由佳

ジャワ島中部地震被災地区で住宅建設に協力する筆者=インドネシア・バントゥール県で

 貧困や災害から立ち直ろうとする人々が真っ先に必要なものが「家」。その実現に向け、開発途上国などで活動を続けているのが非政府組織(NGO)ハビタット・フォー・ヒューマニティー(本部・米国)です。100カ国で貧困層に適切な住居を提供する活動を行っています。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月21日 10:05 am

2009年4月21日

大切な人に送る 手紙の楽しみとは
写真

 先日、私宛に手紙が1通届きました。メールが伝達手段の主流となった今でも、私は小学生時代からの友達と文通を続けています。

この記事の続きを読む »

編集部|2009年4月21日 10:04 am