いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2008年11月25日

これでいいの? 無気力

大学 関心持とうよ
名古屋市立大の女子学生ら サークル「ポトリ」結成

新美雅子さん

 もっと自分たちの大学や社会に関心を持とう?。そんな思いをきっかけに清掃や交流活動を始めた学生がいる。名古屋市立大経済学部二年の新美雅子さん(20)。サークル「ポトリ」をつくり、仲間を増やしていった。今月には環境問題の専門家を招いて講演会も成功させた。 (社会部・前田智之)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 11:29 am

2008年11月25日

米で動物愛護ボランティア

なぜ殺す? うーん
名古屋工業大3年 梶原 文

 私は、夏休みの2週間、サンフランシスコで動物愛護活動に携わった。

ボランティアプログラムの修了証を手にする筆者=米国・サンフランシスコで

 シェルターと呼ばれる動物保護所に早朝に出勤し、拾われた犬や猫の世話をして、部屋の掃除をする。その後、動物の飼い主を探したり、そのためのポスターを作ったりとさまざまな仕事をした。併設された動物病院でインターンをしているアメリカ人男性と仲良くなり、一緒に取り組んだ。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 11:19 am

2008年11月25日

「ペリー&ハリス」展 150年経った今 感じる歴史の魅力
写真

 副題は「泰平の眠りを覚ました男たち」。このフレーズに何だか魅力を感じて、「ペリー&ハリス」展へ行って来ました。

 この展覧会は、今年2008年が日米修好通商条約の締結、日本とアメリカの本格的な通商が始まってから150年目を記念して行われたもので、多彩な史料から日米交流の様子がわかるようになっています。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 11:14 am

2008年11月25日

公演は大成功 ただいま就活

菱田沙織さん

 京都外国語大の伝統ある「イベロアメリカ研究会」の会長を今月初めまで務めた菱田沙織さん(22)=4年、三重県名張市=は「5月に開いたメキシコ民族楽器アルパの特別公演が印象深い」と振り返る。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 11:13 am

2008年11月25日

笑顔をつくろう 中国雑技

 大学祭で中国雑技の一種、中国こまの体験教室を行った時の一枚。中国雑技の練習は大変だけど、子供たちの笑顔が見られれば大満足! これからも頑張って練習するぞ!

 Photo by 山本勝巳=愛知大4年

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 11:04 am

2008年11月25日

Re:「秋深し。最近感動した本は」

>三浦綾子の「母」。作品中に愛があふれています。号泣しました。(院1年女)

>絵本「100万回生きたねこ」は、何回も読み返したくなる1冊!(2年女)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 10:07 am

2008年11月25日

學生之新聞ネット編(4) 今後も学生のために 情報届けたい

名城大2年 森龍太さん

 名城大2年 森龍太

 8月19日

 イベント情報ページを新しく作ることに、頭を悩ませる毎日だ。そのページの名前をつけるといっても、なかなか難しい。キーワードは「学生」と「イベント情報」。この夏休みに何度か話し合いの場を持ち、電話やメールで意見も出し合った。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月25日 10:07 am

2008年11月18日

大学の魅力 高校生らにPR

愛知一宮女子短大の『広報活動委員会』

 愛知県一宮市の一宮女子短大では、学生が進学希望の高校生らに学校の魅力をPRする「広報活動委員会」が熱心に活動している。学生たちは、オープンキャンパスや学校説明会での広報役を担っており、学生の自立をはぐくむ場にもなっている。委員会の会議などをのぞいてみた。 (一宮総局・藤原啓嗣)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月18日 12:26 pm

2008年11月18日

犬山の未来を照らす

「犬山城下町踊り」にアート作品
名古屋経済大3年 多島 彩香

写真

 名古屋経済大の地域社会特別研究室に所属する私たちは、奈良の「燈花会(とうかえ)」を参考に、8月下旬に愛知県犬山市で開かれた「犬山城下町踊り」でアート作品を出しました。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月18日 12:15 pm

2008年11月18日

アラビア書道に挑戦 多文化を知る機会に
アラビア語で「ありがとう」と書いた紙を持つ筆者

 学内の多くの留学生がいる環境で、もっと多文化を知りたい。

 私は学内で開かれている「多文化アートの会」に参加しています。大学の先生に紹介してもらいました。この会は、学部の枠を越えた学生同士のつながりを支援しよう、という目的で始めた大学プロジェクトのひとつです。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年11月18日 11:34 am