いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2008年9月30日

若い感性でエコ発信 京都学生祭典実行委員会

 第6回「京都学生祭典」が10月11日から2日間の日程で京都市内で繰り広げられる。京都議定書の温室効果ガス削減の約束期間が今年から始まり、大学生で組織する実行委員会は、例年以上に「環境」を意識して準備を進めている。 (京都支局・谷村卓哉)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月30日 10:30 am

2008年9月30日

輝く笑顔が心に

福祉施設の夏祭り
名古屋学芸大4年 樫内千裕

お菓子が景品の投げ輪の出店を手伝う筆者

 障害などの理由で自立の難しい人たちが共同生活している愛知県の救護施設「明知寮」(春日井市)で催された夏祭りに、大学の岡田ゼミの仲間13人とともにボランティアとして参加した。会場はちょうちんがいっぱい飾られ、盆踊りに太鼓、花火、出店など、いかにも「祭りだ!」という雰囲気だった。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月30日 10:20 am

2008年9月30日

人の死に胸が熱くなる 映画「おくりびと」
写真

 遺体を棺に納める“納棺師”の映画と聞いて、敬遠する人が多いかもしれない。実際は適度にユーモアがあって、決して“暗い葬式映画”ではない。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月30日 10:15 am

2008年9月30日

周りに負けず自分信じ成功

林大樹さん

 学生のバスケットボール3on3大会を昨年1月から開いている「Link and Ring」代表林大樹(だいき)さん(24)=名古屋工業大大学院2年。スタッフ募集、企業の協賛獲得など開催まで困難の連続だったが「『できるわけない』という周りの声に負けず、信じて取り組むことの大切さを学んだ」と語る。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月30日 10:10 am

2008年9月30日

Re:「食の安全、身を守るためには?」

>どれだけ多く怪しげなカタカナが並んでいるか、裏の表示を見て怪しいものは避ける。(1年女)

>情報に惑わされず、冷静な視点で食品を選ぶ。安全な食品が多くあるのも事実です。(2年男)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月30日 10:05 am

2008年9月30日

就職活動編(3) 内定にためらい 就活は続く

写真

 名古屋市立大4年 永田詩織里

 5月16日

 書類にサインをして、ハンコを押す。たったそれだけの行動になぜか、ためらってしまった。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月30日 10:00 am

2008年9月24日

本紙写真部 西沢デスクに聞く ひと味違う写真のコツ

西沢デスク(右)のアドバイスを聞く学生スタッフら=名古屋市中区の中日新聞社で

 デジタルカメラが普及し、誰でも簡単に写真を撮れる時代になった。だが、学生生活の生き生きとした瞬間をとらえるのは難しい。學生之新聞の学生スタッフは、撮影の腕を上げようと本紙写真部の西沢広デスクを招いて講習会を開いた。撮影のポイントをまとめた。(社会部・広瀬和実)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月24日 11:50 am

2008年9月24日

起業企画を考え抜く

ビジネスプラン競技会
名古屋工業大4年 林 幸弘

起業ビジネスプランコンテストのチームメートと。前列(右)が筆者=東京・代々木で

 学生による日本最大級の起業ビジネスプランコンテストが8月24日から8日間、東京・代々木で開かれ、中部地方から唯一参加した。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月24日 10:30 am

2008年9月24日

葛藤する学生時代に 力のわいてくる小説
写真

 今回紹介する本は、作家・宮本輝さんの短編集「星々の悲しみ」。なかでも小説の表題にもなっている短編が大好きです。喫茶店に飾られていた一枚の絵「星々の悲しみ」を盗み出した主人公の予備校生―。作品は薄命の画家が描いたものだった。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月24日 10:20 am

2008年9月24日

パズル知って人生が明るく

東田大志さん

 「人生を楽しくしてくれたパズルの面白さを多くの人に伝えたい」。自作パズルを載せたビラを京都や名古屋など全国で配るのは、京都大大学院2年生の東田大志さん(24)=兵庫県明石市。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年9月24日 10:15 am