いまドキッ!大学生 中日新聞紙面で隔週火曜日掲載の「いまドキッ!大学生」のバックナンバー。サークルや就活をめぐる最新の動きなど大学生の「いま」をお伝えします!

2008年6月24日

『秋葉原殺傷』こう考える

20代の犯行『恐怖と衝撃』

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、犠牲者の冥福を祈り献花台に手を合わせる人たち

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件は、学生が犠牲になると同時に、25歳の男が容疑者だったことに、多くの同世代が衝撃を受けた。大学生は、この事件をどう見て、何を感じているのか。学生スタッフたちが友人たちを取材、意見を集約した。(まとめ・中部大3年長谷川葵)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 11:00 am

2008年6月24日

就職活動編(5) コネで会社訪問 苦悩の日々

写真
名古屋大大学院2年 高木賢治 3回目

1月9日

 きょうまで、何をしたいか自分でもよく分かっていなかったが、就職するなら「広い分野の技術や知識を伝える仕事がしたい」という志望で、踏ん切りはついた。学んできた機械、化学、生物の知識は使いたい。この志望がかなえば、アカデミックな仕事ができるかもしれない。學生之新聞スタッフであることを企業に伝えれば、「伝える仕事がしたい」という気持ちを訴えるのに有効ではないか。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 10:40 am

2008年6月24日

伝統工芸の良さ体感

有松絞でファッションショー
名古屋学芸大2年 野田 梓織

自作の有松絞でショーに参加した学生ら。後列左から2人目が筆者=名古屋市緑区で

 名古屋市緑区の「有松絞りまつり」を盛り上げようと、名古屋学芸大生が自作の有松絞のファッションショーを企画、祭り当日の6月8日、メーンステージで披露した。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 10:40 am

2008年6月24日

無料でコピーできる 学生に強い味方
写真

 新学期が始まって、早くも2か月が過ぎた。講義やサークル活動など、新学期の生活にも慣れてきたのもつかの間、約1か月後には定期試験が待ち構えている。そろそろ、準備をし始める時期も近づいてきた。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 10:30 am

2008年6月24日

車いすバスケ 魅力伝えたい

小泉英介さん

 富山県車椅子(いす)バスケットボールクラブで、試合の手伝いなどをする小泉英介さん(22)=富山医療福祉専門学校3年。障害はないが、自身も競技に魅せられプレーしている。
この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 10:20 am

2008年6月24日

募金活動を実施しました

 外国語学部アジア学科3年生一同で、ミャンマーのサイクロンと、中国の四川大地震の義援金募金を1週間にわたり実施しました!

 Photo by 堀田実希=南山大3年(21)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 10:10 am

2008年6月24日

Re:「悩みごと、どう解消してますか」

>ひたすら書き出す。心のわだかまりを、できる限り具体的に書く!(2年女)

>素直に、その悩みと向き合う。もんもんと考えると、意識していなかった自分の性質がわかってくる。(3年女)

>苦しいとき、上を向いて大きく深呼吸する。心に酸素という栄養剤を取り込む。(1年男)

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月24日 10:00 am

2008年6月17日

家族のようなきずな 重度身障者支援し15年

信州大のサークル「和子の家」

食事中、ちょっとだけむせてしまった橋本さん(右)。「和子さんごめんね」と謝る外川悠衣さん(左)=松本市で

 信州大(長野県松本市)に、重度の身体障害のある橋本和子さん(56)=同市=の1人暮らしを支援するサークルがある。その名も「和子の家」。「生まれ育った家で暮らしたい」との橋本さんの呼びかけに応える形で学生が集まり、今年で15年目。活動内容は橋本さんの生活支援と野菜作り。これまで約500人の学生が橋本さんと生活を共にしてきた。サークルには家族のようなきずなが生まれている。(松本支局・中津芳子)
この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月17日 11:00 am

2008年6月17日

就職活動編(4) 面接は自分を知るチャンスに

写真
名古屋市立大4年 永田詩織里 3回目

3月4日

 今日はいよいよ面接デビュー。対話形式は初めてだ。今まで説明会には何度も参加してきたが、会社の方から話を聞く一方的なコミュニケーションだった。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月17日 10:40 am

2008年6月17日

刑務官にも葛藤あり
写真

映画「休暇」

 新聞やテレビで「○○の刑が執行された」との報道に接することがある。映画「休暇」を見て思うのは、刑の執行は、死刑囚だけでなく、刑務官や、その家族の感情や生活と深くかかわり、重い影響を与えるということである。

この記事の続きを読む »

編集部|2008年6月17日 10:30 am