ウケる授業

2016年3月29日

大同大 イタリアのまちづくりに参加

学生が作った模型を見ながら、発表を聞く宇野享教授(中央)=名古屋市南区の大同大で

 イタリアの町の建物の保存活用法を研究する授業が、名古屋市南区の大同大で開かれている。建物が町の中で担う役割も考え、学生はまちづくりも考える。

この記事の続きを読む »

編集部|2016年3月29日 10:12 am

2016年1月19日

愛知教育大 造形的イメージワーク

子どもの気持ちを追体験

手に絵の具を付けて絵を描く学生たち=愛知県刈谷市の愛知教育大で

 指に青や赤の絵の具を付けた学生が、机の上に広げた紙に渦巻きやしま模様を勢いよく描き始めた。絵の具が飛び、学生は子どものような笑顔を見せた。

この記事の続きを読む »

編集部|2016年1月19日 10:30 am

2016年1月05日

豊田工業大 レゴ組み立て競う

チームで“ゲーム機”作り

 学生がおもちゃのレゴブロックや光センサーを組み合わせ、ゲーム機のような機械を作って出来栄えを競う授業が名古屋市天白区の豊田工業大で開かれている。

この記事の続きを読む »

編集部|2016年1月05日 10:46 am

2015年12月15日

名古屋大 小説の書き換え

「プロの土俵」で学ぶ

 名古屋大大学院文学研究科の日比嘉高准教授(43)=日本近代文学・文化論=は、学生が著名な作家や詩人の作品を書き直し、批評し合う授業を開いている。

この記事の続きを読む »

編集部|2015年12月15日 10:43 am

2015年12月01日

名古屋音楽大 ジャズのビッグバンド

ライブハウスのよう

 ジャズのビッグバンドは、通常16人。名古屋音楽大(名古屋市中村区)の非常勤講師渡辺勉さん(52)が教えるビッグバンドの授業は倍近い30人が参加する。合図でサックスやトランペット、ドラムの演奏が始まり、教室はライブハウスのような熱気に包まれた。

この記事の続きを読む »

編集部|2015年12月01日 10:40 am

2015年11月17日

三重大 声楽研究

先生の商売道具 声磨く

 マイクを使わずに大勢の子どもたちに教える教師の仕事は、のどに負担が大きい。三重大(津市)の教育学部の弓場徹(ゆうばとおる)教授(59)は、声の源となる「声帯」を守り、長く美しい声を出せるようなトレーニングを授業で取り入れている。

この記事の続きを読む »

編集部|2015年11月17日 11:00 am

2015年11月03日

中京大 創作ダンス

体育教員への“登竜門”

創作ダンスを発表する学生たち=愛知県豊田市の中京大豊田キャンパスで

 ある学生は鳥のように腕を羽ばたかせて駆け回り、仲直りを表した。戦いを表現するために、チャンバラのような動きをする学生もいた。

この記事の続きを読む »

編集部|2015年11月03日 15:16 pm