活動写真社会部教育班または地方記者によるメイン記事です

2011年3月29日

卒業 学生スタッフ

 卒業を迎えた学生スタッフの仲間同士で、最後の記念写真を撮りました。私は大学院に進学するため、引き続き学生スタッフとして活動しますが、一緒に活動してきた多くの仲間は4月から社会人として新たな一歩を踏み出します。

 卒業する学生スタッフには紙面づくりの経験を生かし、それぞれの場所で活躍すると期待しています。彼らと一緒に作ってきた學生之新聞は、私たちが新たなメンバーとともにより良いものにしたいと思っています。

 (名城大卒・森龍太)

この記事の写真を見る »

編集部|2011年3月29日 10:10 am

2011年1月04日

5人で1文字ずつ書き初め

 学生スタッフの仲間と「學生之新聞」の題字を毛筆で書きました。書道の経験者から初心者までメンバー5人が一文字ずつ筆をとりました。自信満々の太い字から凜(りん)とした線まで、それぞれの気持ちが表れています。仲間と1つの作品を作る楽しさと緊張感を味わい、書道にはたくさんの楽しみ方があると気が付きました。

 (愛知淑徳大2年・藤本美帆)

 他の参加者 名古屋市立大3年・高阪まどか、岐阜大2年・佐野友里恵、愛知学泉大3年・松本友里、富山大1年・山川翔子

この記事の写真を見る »

編集部|2011年1月04日 14:21 pm

2010年3月30日

アジアに関する視野広がる 合同研究発表会

 星城大(愛知県東海市)の現代亜細亜研究部と留学生会が1月、大学内で合同研究発表会を行いました。

 研究部の日本人学生は「留学で感じた中国」「中国の三国志」「インドの食文化」をテーマに発表。私たち留学生は中国とネパール、モンゴルといった自分たちの国の習慣や文化を紹介しました。

 私は春節に中国で行われる行事などを説明しました。発表会に参加して国によって習慣や文化が違うことがよく分かりました。それぞれの国に対して持っていたイメージが変わり、アジアに関する視野が広がりました。

 (星城大経営学部2年、郭暁明)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年3月30日 15:14 pm

2010年3月16日

中国ごまの公演と体験教室を開催

 中国のお正月「春節」に合わせ、所属するサークル「愛華倶楽部」が名古屋市の国際協力機構中部国際センター(JICA中部)で行われたイベントに参加し、中国ごまの公演と体験教室を開きました。

 いつもの体験教室では中高生や親子連れにこまを体験してもらうことが多いのですが、今回は海外の人が多く集まる場所柄か、年齢や国籍も違う幅広い「世界」の人たちと交流ができて楽しかったです。

 本場の中国ではテレビゲームが流行し、中国ごまで遊ぶ人は減る一方だそうですが、私たちの活動を通して少しでも魅力が伝われば幸いです。体験してくれた子供たちの笑顔が何よりの活力です。

 (愛知大現代中国学部3年、磯部智美)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年3月16日 14:50 pm

2010年3月09日

大学祭でリユースステーションを出店

 愛知東邦大(名古屋市)で昨年行われた大学祭「和丘祭」でリユースステーションを出店しました。学生や職員の方から再利用できる古着や陶磁器などを提供してもらい、来訪者に無料提供しました。リサイクル関係のNPOでインターンシップ(就業体験)をした経験を生かし、看板を古新聞で作るなど工夫しました。

 企画と運営は学生5人が担当。多くの人に、費用がかかる再資源化ではなく、リユース(再利用)中心のリサイクルの考え方を伝えられたと思います。

 (愛知東邦大経営学部3年・伊藤壮宏、経営学部2年・蟹江隆也)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年3月09日 13:10 pm

2010年2月16日

「まちおこし活動」の一環 市のイベントで弾き語り

 所属するゼミが実施している「まちおこし活動」の一環として、昨年12月に愛知県東海市の「どんでん広場」で行われた市のクリスマスイベントに参加しました。イベントは市や地元の高校生と一緒に運営し、ステージ企画の有志としてギターの弾き語りを披露しました。

 寒空の下、集まってくれた大勢の人たちからいただいた温かい声援や手拍子は身も心も街も温める力があると思いました。この経験を生かし、地域の人同士がぬくもりを感じられるイベントを今後も企画したいと思います。

 (星城大経営学部3年、杉原亮)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年2月16日 13:20 pm

2010年2月09日

愛知淑徳大フラダンスサークル「’Olu’Olu(オルオル)」

 愛知淑徳大のフラダンスサークル「’Olu’Olu(オルオル)」です!サークル名はハワイ語で「心地よい」という意味があります。昨年11月の大学祭が初舞台でした。昨年5月に始め、今では3曲踊れるようになりました。男女12人の愛知県唯一のとっても楽しい学生サークルです。

 今後もいろんなイベントに参加していきます。フラダンスを通して、みんなを笑顔にしていきたいです!

 (愛知淑徳大3年、横井麻以)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年2月09日 14:15 pm

2010年2月02日

第2回豆本づくり講習会

 金城学院大の図書館で通常の10分の1の大きさの小さな本を作る「第2回豆本づくり講習会」が開かれました。今回の講習会では賛美歌の豆本を作りました。

 通常の本と同じように綿密に作るのですが、背の部分を糸でとじるのに苦労しました。表紙と背表紙に金文字でタイトルを入れる作業もしました。

 中国からの留学生も参加し、豆本作りだけでなく、国際交流もでき、とても充実した楽しいイベントとなりました。

 (金城学院大環境デザイン学科2年、加藤千香子)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年2月02日 10:20 am

2010年1月26日

ワールド・コラボ・フェスタ2009

 昨年10月下旬、名古屋市栄で国際交流の祭典「ワールド・コラボ・フェスタ2009」が開催された。わが中部大国際関係学部青木ゼミは、非政府組織(NGO)とともに大学として唯一参加した。タンザニアとインドネシアで行ったゼミの研修で学んだ両国の魅力をパネルで展示し、民芸品や絵本を販売した。

 売上金は昨年夏に研修で訪問した、机やいすが足りないタンザニアの小学校に寄贈する。多くの人が世界に目を向けるきっかけとなってくれたとしたらうれしい。

 (中部大国際関係学部3年、水野貴文)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年1月26日 10:20 am

2010年1月19日

青年の家オープンデー

 愛知県青年の家(岡崎市)で「青年の家オープンデー」が行われ、親子約80人が参加しました。企画と運営には私たち青年リーダーが参加。施設職員やボランティアに協力してもらい、レクリエーションやクラフト飛行機作り、野外炊飯、クイズラリーなどを行いました。

 青年リーダーとは愛知県教育委員会が主催した青年講座の修了生のこと。私たちの一番の成果は元気いっぱい遊んでいる子どもたちの笑顔です!

 (愛知学泉大家政学部2年、高瀬遥)

この記事の写真を見る »

編集部|2010年1月19日 14:44 pm