学生街ダンスキャンパスの話題、活動、事業などを600字程度でご紹介します。

2013年3月05日

本屋さんツアー展 古書の匂いも新鮮

名古屋学院大4年 榎本 崚兵

店主(左)から古書について話を聞く学生たち

 名古屋学院大名古屋キャンパス(名古屋市熱田区)の図書館は、「本屋さんツアー展」と題して学生が本屋を回って選んだ本40冊を3月末まで展示し、貸し出している。

 ツアーは図書館主催で年2回開き、今回は昨年11月に実施。私を含め学生8人が図書館司書とともに名古屋市千種区の3軒の書店を回った。うち2軒は古書店だった。

この記事の続きを読む »

編集部|2013年3月05日 10:23 am

2013年2月19日

「言葉」探すポスター制作 今の自分に力くれた

愛知東邦大1年 渡辺 未奈実

張り出されたポスター作品を指さす筆者(左)=名古屋市名東区の愛知東邦大で

 昨秋の大学祭で図書館に1年生120人ほどのポスターが展示された。2012年の學生之新聞の新年特別号を参考に授業で作成したもので、テーマは「私が成長できる言葉」だ。

 新聞では、8人の学生が「人生を変えた言葉」を掲げ、その思いをつづっていた。18年の人生でそこまでの経験はなくても、私たちも小さな失敗や悩みは結構ある。そこで「私が成長できる言葉」と身近なフレーズに変えたのだった。

この記事の続きを読む »

編集部|2013年2月19日 11:24 am

2012年12月25日

被災地の新聞社訪問 復興 本当の意味学ぶ

金城学院大3年 太田 莉沙

石巻日日新聞社を訪れた学生たち。手前右端が筆者=宮城県石巻市で

 東日本大震災の被災地のメディアが現状をどう捉え、何を発信するのか学ぶため、今秋、ゼミ旅行で宮城県石巻市の石巻日日新聞社を訪れた。同社は被災直後「6枚の壁新聞」を発行。米ワシントンの報道博物館にも展示され、世界的な評価を受けている。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年12月25日 11:50 am

2012年12月11日

笑顔つなぐ文化交流 ゼミの企画でメキシコ訪問

愛知淑徳大4年 梅田 枝里

現地の学生と交流する筆者(左)=メキシコ・モレリアで

 所属する教育学科小島祥美ゼミの企画で、メキシコの都市モレリアを訪れた。10日間の国際ワークキャンプだ。ゼミの学生、先生の計9人が参加し、大学や小学校で交流を深めた。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年12月11日 11:53 am

2012年11月27日

被災地で復興支援 人を救うのは人と実感

名古屋学芸大2年 白井 あきよ

オープンジャパンの基地を出発する学生たち(左から3人目が筆者)=宮城県石巻市で

 私は養護教諭を目指しており、大学の青年赤十字奉仕団に所属している。今秋、団の仲間とともに、東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市に行き、復興を支援する社団法人オープンジャパンのプロジェクトに参加した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年11月27日 10:41 am

2012年11月13日

大学祭で「學生之新聞」ブース 読者を身近に感じた

中京大2年 久田 若奈

 今月2~4日の3日間、中京大の大学祭に「學生之新聞」のブースを出展した。学生スタッフが手分けし、名古屋市昭和区の名古屋キャンパス、愛知県豊田市の豊田キャンパスそれぞれで展開した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年11月13日 10:41 am

2012年10月30日

国体でボランティア 地域見つめる機会に

名古屋大3年 河村 知拓

ぎふ清流国体の会場で花に水やりをする筆者(右)=岐阜県池田町で

 10月上旬、岐阜県池田町で行われた、ぎふ清流国体のバドミントン競技会に町民ボランティアとして参加した。自分が住む町に貢献したいという思いで参加を決意した。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年10月30日 13:43 pm

2012年10月16日

チーム代表から手ほどき 仲間信じ恐怖と闘う

信州大3年 水谷 真実

鈴入りボールの音を頼りにドリブルに挑戦する筆者=横浜市内で

 ブエンカンビオを取材した際、学生スタッフはブラインドサッカーの体験もした。横浜市立盲特別支援学校のコートで、チーム代表の落合啓士さんらから手ほどきを受けた。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年10月16日 11:00 am

2012年10月02日

ベトナムで日本語教育実習 教師の夢への第一歩

名古屋外国語大4年 倉持 りえ

ベトナムの学生に日本語を教えた筆者(2列目の中央)=ハノイ国家大外国語大で

 大学の日本語教育実習で2週間、ベトナムのハノイ国家大外国語大(ULIS)を訪れた。海外実習は韓国に続き2度目。海外の教壇に立ち、異文化に触れるためだ。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年10月02日 12:26 pm

2012年9月18日

被災地の小学生と交流 励ましのメッセージを

名古屋文化短大2年 幾田 啓介

児童たちと交流を深める筆者(左)=宮城県女川町の女川第二小で

 私が会長を務める学生会のメンバー7人は9月上旬、日帰りで宮城県女川町の女川第二小学校へボランティアに行き、2~3年の児童約30人と交流を深めた。

この記事の続きを読む »

編集部|2012年9月18日 14:00 pm