中部の大学関連ニュース

野間埼灯台からの眺め◎ 美浜で一般公開 町民ら記念撮影

灯台上部からの眺めを楽しむ参加者=美浜町小野浦の野間埼灯台で
灯台上部からの眺めを楽しむ参加者=美浜町小野浦の野間埼灯台で

 美浜町小野浦の野間埼灯台の一般公開が4日にあった。あいにくの雨天だったが、町民ら170人が普段は見られない海の眺望を楽しんだ。

 名古屋海上保安部と美浜町が開催。1921(大正10)年に設置された高さ18メートルの野間埼灯台は恋愛スポットや、夕日が沈む景色の美しさで知られ、多くの観光客が訪れる。

 参加者はヘルメットを着用し、灯台内部の急ならせん階段を上がった。上部の踊り場で伊勢湾を眺め、記念撮影をしていた。美浜町野間小学校2年の久木理世佳さん(8つ)は「海がきれいだった。上れてうれしい」と話した。

 灯台前の駐車場では、日本福祉大の学生有志や灯台を活用したまちおこしに取り組む「美浜まちラボ」のメンバーが特産品やグッズ販売などをして盛り上げた。(大槻宮子)

(2018年11月5日 中日新聞朝刊尾近知総合版より)

■関連大学はこちら
日本福祉大学

[2018.11.05]

一覧を見る