中部の大学関連ニュース

科学やものづくり研究成果発表 サイエンス大賞 中部の高校生競う

研究成果を発表する生徒たち=豊田市の愛知工業大で
研究成果を発表する生徒たち=豊田市の愛知工業大で

 中部地方の高校生が科学やものづくりなどの研究成果を発表する「第17回AITサイエンス大賞」(愛知工業大主催、中日新聞社共催)が、豊田市八草町の愛工大八草キャンパスであった。

 愛知、岐阜、静岡、長野の各県から56校65グループが参加。自然科学、ものづくり、社会科学・地域づくりの3部門に分かれて、5分間の発表とパネルを展示した。

 動物の行動を考察したものや、高齢者向けの電子ゲーム機器の開発、希少生物の保全調査などの成果を紹介。優秀賞に輝いたグループが表彰された。

 ◇優秀賞の受賞校は次の通り

 自然科学部門 加茂、岐阜、エクセラン▽ものづくり部門 向陽、岡崎工、岐阜農林▽社会科学・地域づくり部門 木曽川、愛工大名電、岐阜

(2018年11月6日 中日新聞朝刊県内版より)

■関連大学はこちら
愛知工業大学

[2018.11.06]

一覧を見る