中部の大学関連ニュース

愛知大学野球 秋季リーグ 名城大と中京大 最終週でV決戦

 1部の第6週第2日は7日、豊田市運動公園野球場で2回戦2試合を行い、名城大が2−7で中部大に連敗し、今季初めて勝ち点を落とした。勝ち点3で並ぶ名城大と中京大が13日からの最終週で直接対決。勝ち点を取った方が優勝となる。中部大は勝ち点2。東海学園大は6−4で愛大に連勝し、勝ち点2とした。愛大は6位が決まり、11月3日からの2部優勝校との入れ替え戦に回る。

 名城大は序盤に失点を重ね、打線も6安打で5回に2点を返しただけだった。東海学園大は5回に名古路のソロ、6回には松田の2ランでリードを広げた。

▽豊田(東海学園大2勝)
愛大 000010111―4
東海学園大 00301200x―6
本塁打 安田(愛)名古路、松田(以上東)

▽同(中部大2勝)
名城大 000020000―2
中部大 13200100x―7

(2018年10月8日 中日新聞朝刊20面より)

■関連大学はこちら
愛知大学・愛知大学短期大学部
東海学園大学
名城大学
中部大学

[2018.10.08]

一覧を見る