中部の大学関連ニュース

柳原通夏まつり 出店大にぎわい 北区で始まる

柳原通夏まつりの出店で楽しむ子どもら=北区の柳原通商店街で
柳原通夏まつりの出店で楽しむ子どもら=北区の柳原通商店街で

 北区の柳原通商店街で7日、同商店街振興組合が主催する「第67回柳原通夏まつり」(中日新聞社後援)が始まった。8日まで。

 「ポッカレモン名古屋市消防音楽隊」のパレードで開幕。かき氷など約90の出店が並ぶ通りは、商店街が100円で販売した、出店で使える引換券つきの「福うちわ」を手にした大勢の人でにぎわった。

 おもちゃのサメを釣る「サメ釣り」に挑戦した西区の小学生男子児童(7つ)は「難しかったけど釣れてうれしい」と顔をほころばせた。

 商店の後継者不足などで振興組合の会員は以前の半数以下になってしまったが、愛知学院大学の学生ボランティアや近隣の住民の協力を得るなどして祭りの規模を維持している。来場者は2日間で約2万人を見込んでいる。

 8日は「愛知県警察音楽隊」のパレードや商店街事務所前でのゴスペルライブなどが予定されている。

(2018年8月8日 中日新聞朝刊市民版より)

■関連大学はこちら
愛知学院大学

[2018.08.08]

一覧を見る