中部の大学関連ニュース

岐経大サッカー部 指導者を招き授業 神戸の下宮小

寺田さん(左から3人目)からサッカーの授業を受ける児童たち=神戸町の下宮小で
寺田さん(左から3人目)からサッカーの授業を受ける児童たち=神戸町の下宮小で

 神戸町下宮小学校で3日、岐阜経済大(大垣市)サッカー部の指導者を招いた体育の授業が開かれた。

 県によるトップアスリートの出前授業として、5、6年生の計60人が参加。サッカー部監督の寺田亮太さん(30)、かつてFC岐阜などでプレーし、現在はサッカー部でコーチを務める水谷允俊さん(30)が講師を務めた。

 チームで協力して腰に着けたビブスを取り合う「しっぽ取り」や、手をつないだ児童の壁をドリブルで突破するミニゲームなどを実施。5年の男子児童(10)は「しっぽ取りでは、サッカーでも後ろからボールを取りに来る相手をイメージすることが必要だと分かった」と話した。

 最後は試合形式でサッカーを学び、寺田さんは「相手が強いから諦めるのではなく、難しい時ほど立ち向かえる人になって」と呼び掛けた。(滝田健司)

(2018年7月7日 中日新聞朝刊西濃総合版より)

■関連大学はこちら
岐阜経済大学

[2018.07.07]

一覧を見る