中部の大学関連ニュース

過去最多85社が参加 大垣で企業合同説明会

企業の担当者から説明を受ける学生ら=大垣市のソフトピアジャパンで
企業の担当者から説明を受ける学生ら=大垣市のソフトピアジャパンで

 西濃地域を中心とした企業の合同説明会が9日、大垣市のソフトピアジャパンであり、来年3月に卒業する大学生ら300人が集まった。

 大垣商工会議所が主催して11回目で、過去最多の85事業所が参加した。会場には各社がブースを設け、担当者がプロジェクターなどを使って会社の概要や待遇などを説明した。業務内容などに関して積極的に質問する学生の姿もあった。

 各地の説明会に参加しているという名城大3年の田中健太郎さん(21)は「名前も知らなかった優良企業などを知ることができた」と話した。福井県出身で岐阜経済大3年の大久保聡さん(22)は「名古屋などの説明会では知ることができない業界トップシェアの企業に出合えた」と語った。(吉本章紀)

(2018年3月10日 中日新聞朝刊西濃版より)

■関連大学はこちら
名城大学
岐阜経済大学

[2018.03.10]

一覧を見る