中部の大学関連ニュース

ロボット手術 最前線を解説 中部大で来月9日

ロボット手術の最前線を伝える講演会のPRチラシ
ロボット手術の最前線を伝える講演会のPRチラシ

 中部大生命健康科学研究所は1月9日午後1時半から、春日井市松本町の同大春日井キャンパス不言実行館で、学術講演会「ロボット手術の最前線」を開く。入場無料、学外からの聴講も可。

 元プロ野球選手の王貞治さんの胃がん手術を執刀した、藤田保健衛生大病院の宇山一朗教授を講師に招く。

 宇山教授は、王さんの手術でも用いた腹腔(ふくくう)鏡手術の権威で、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を活用する第一人者。大学病院にある手術支援ロボットの全国初の訓練施設「ダヴィンチ低侵襲手術トレーニングセンター」のセンター長も兼ねる。

 講演会は事前予約は不要。当日受け付け。(問)中部大生命健康科学研究所=0568(51)5097

(2017年12月28日 中日新聞朝刊近郊総合版より)

■関連大学はこちら
中部大学

[2017.12.28]

一覧を見る