中部の大学関連ニュース

鶏卵・鶏肉料理コンクール 長屋さんら最高賞

グランプリを受賞した緑川さん(右)と長屋さん=岐阜市の岐阜女子大で
グランプリを受賞した緑川さん(右)と長屋さん=岐阜市の岐阜女子大で

 県養鶏協会などが主催する「鶏卵・鶏肉料理コンクール」の実技審査が2日、岐阜市の岐阜女子大であり、料理部門で瑞浪高校2年の緑川さん(17)、デザート部門で岐阜女子大4年の長屋亜友美さん(22)が最高賞のグランプリに輝いた。

 県のブランド地鶏「奥美濃古地鶏」と県産卵を使うのが条件。県内の大学と高校から288点の応募があり、書類審査を通過した19点がこの日の審査対象となった。

 緑川さんは細かく切った胸肉やネギ、コーンを揚げた「鶏とコーンのおとし揚げ」を発表。塩昆布も混ぜ合わせ「手軽な食材で誰でも簡単に作れるのが評価された」と喜んだ。

 長屋さんは「秋のバラ」と題し、卵黄でババロア、卵白でクッキーを調理。ブルーベリーソースで彩りも加え、「卵黄のきれいな色を出すことができた」と満足そうだった。(近藤統義)

(2017年12月5日 中日新聞朝刊岐阜近郊版より)

■関連大学はこちら
岐阜女子大学

[2017.12.05]

一覧を見る