中部の大学関連ニュース

ホッケー 男子日本リーグ 岐阜朝日Cが立命大撃破 2位でファイナルS進出

決勝点を決め、仲間と喜ぶ岐阜朝日クラブの伊東将慶?=岐阜県各務原市で(麻生和男撮影)
決勝点を決め、仲間と喜ぶ岐阜朝日クラブの伊東将慶?=岐阜県各務原市で(麻生和男撮影)

 ホッケー男子の日本リーグは3日、岐阜県各務原市の川崎重工ホッケースタジアムなどでレギュラーシーズン最終戦があり、岐阜朝日クラブは立命大に3−1で勝ち、2位でファイナルステージ(16、17日・駒沢オリンピック公園)進出を決めた。

■伊東千金ゴール

 劣勢だった岐阜朝日クラブがカウンターで勝負を決めた。1−1で迎えた試合終了間際、自陣から浮き球のロングパスを受けた伊東将慶(22)=朝日大4年=が巧みなスティックさばきで相手をかわすと、パワープレー中で無人だったゴールに流し込んだ。

 「相手が前に出ていたので、パスが来ると思っていた」と伊東。引き分けではファイナル進出が難しくなる立命大の隙を突いた。これでレギュラーシーズン2位が確定し、ファイナルステージに進む。「全部勝つつもり」と伊東。11月の全日本選手権で初優勝した勢いのまま、リーグ初制覇に挑む。 (麻生和男)

(2017年12月4日 中日スポーツ8面より)

■関連大学はこちら
朝日大学

[2017.12.04]

一覧を見る