中部の大学関連ニュース

団体は金沢工大 個人荻原選手V 北陸学生ゴルフ

団体で優勝した金沢工業大(左側4人。右から2人目は個人でも優勝した荻原尚哉選手)。右はレディース優勝の義山麻衣選手=石川県宝達志水町で
団体で優勝した金沢工業大(左側4人。右から2人目は個人でも優勝した荻原尚哉選手)。右はレディース優勝の義山麻衣選手=石川県宝達志水町で

 北陸中日新聞杯北陸学生ゴルフ選手権冬季大会(北陸学生ゴルフ連盟、北陸中日新聞主催)は2日、石川県宝達志水町米出の能登カントリークラブであり、団体の部で金沢工業大(大矢翔梧、野村隼大、山田涼太、荻原尚哉の各選手)が優勝した。個人の部は同大の荻原尚哉選手が88(日本海45、はまなす43)で優勝した。

 石川、富山、福井の3県の4大学から選手が参加。荻原選手は「グリーンが難しくパターがいまひとつで、ドライバーも曲がることがあった。満足はしていないが優勝はうれしい」。レディースの部は義山麻衣選手(金沢医科大)が105(はまなす57、日本海48)で優勝。「前半体が動かず、かなりたたいてしまった。パターとアプローチに助けられました」と振り返った。

 北陸学生ゴルフ連盟の親睦大会も併せて行われ、連盟OBらが参加して和やかにプレーをした。 (小塚泉)

 ◇成績 【団体】(2)福井大医学部(神谷実木子、阿武賢、佐藤直也、国井慶人)【個人】(2)大矢翔梧(金沢工業大)(3)野村隼大(同)(4)阿武賢(福井大医学部)(5)村上慶之(金沢工業大)

(2017年12月3日 北陸中日新聞朝刊16面より)

■関連大学はこちら
金沢工業大学

[2017.12.03]

一覧を見る