中部の大学関連ニュース

えひめ国体 成年男子ボルダリング3位 山岳

壁を登る亀山選手(手前)と日比野選手=愛媛県西条市の市西条西部体育館で
壁を登る亀山選手(手前)と日比野選手=愛媛県西条市の市西条西部体育館で

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」4日目の3日、県勢は山岳で成年男子ボルダリングが3位に輝いた。成年男子リードと少年女子リードは、いずれも6位入賞を果たした。

 フェンシングは少年女子フルーレが6位、少年男子フルーレが7位。自転車は女子スクラッチの橋本優弥選手(鹿屋体大)が7位、成年男子1キロタイムトライアルの栗山和樹選手(朝日大)が8位にそれぞれ入賞した。

 昨年アベック優勝を果たしたホッケー少年男女は、順当に勝ち進んだ。4日に男子は準決勝、岐阜各務野高校単独チームの女子は決勝に臨む。(長永みづき)

■亀山、日比野選手 健闘たたえ合う

 山岳の成年男子ボルダリングで、岐阜選抜の亀山凌平選手(名城大)と日比野良祐選手(愛知大)が3位入賞を果たした。

 亀山選手は競技に集中するため4月から大学を休学し、国体に向けて調整を重ねた。日比野選手は半年ほど前に左手をけがしたが、治療をして練習に励んできた。

 亀山選手は「練習の成果を出せてほっとしている」、日比野選手は「相方が亀山君で良かった」と振り返り、互いに健闘をたたえ合った。

(2017年10月4日 中日新聞朝刊岐阜総合版より)

■関連大学はこちら
朝日大学
名城大学
愛知大学・愛知大学短期大学部

[2017.10.04]

一覧を見る