中部の大学関連ニュース

ウィキペディア 活用を 高浜 街を取材、情報掲載

街を歩き、ウィキペディアに載せる情報を集める参加者=高浜市内で
街を歩き、ウィキペディアに載せる情報を集める参加者=高浜市内で

 インターネット上の百科事典「ウィキペディア」を使って地域の情報を発信する体験イベントが18日、高浜市やきものの里かわら美術館であった。

 高浜市に研究拠点のある日本福祉大と市が定期的に開いているイベント「たかはまざっくばらんなカフェ」の一環。県内外から約20人が参加した。

 ウィキペディアは誰でも書き込め、無料で利用できる。ネットで情報を公開する「オープンデータ」を研究している京都府宇治市の青木和人さん(48)が書き込みの仕方や掲載する写真の撮り方などを説明した。

 参加者は4班に分かれ、それぞれ三州瓦や衣浦大橋などをテーマに現場を歩き、史跡や見どころを確認して写真を撮影。美術館に戻り、パソコンでウィキペディアに情報を載せた。刈谷市高須町の坂本将大さん(27)は「書き込みはしたことがあるけど、街を歩いて見つけたことを載せるのは初めて。新鮮でした」と話した。(重村敦)

(2017年9月19日 中日新聞朝刊三河版より)

■関連大学はこちら
日本福祉大学

[2017.09.19]

一覧を見る