中部の大学関連ニュース

社会に一歩 巣立ち 朝日大卒業式

大友学長(左)から学位記を受け取る卒業生=瑞穂市穂積の朝日大で
大友学長(左)から学位記を受け取る卒業生=瑞穂市穂積の朝日大で

 瑞穂市穂積の朝日大で13日、卒業式があった。学部生と大学院生、系列の歯科衛生士専門学校生ら約500人が学びやを巣立ち、社会に一歩を踏み出す決意を新たにした。

 大友克之学長が各学科の代表者に学位記を手渡し、「常に広い視野を持ち、国際的に活躍を」と激励した。

 謝辞を述べたのは歯学部を卒業し、臨床研修歯科医師となる岐阜市の香西慎一さん(32)=兵庫県明石市出身。「命と向き合う口腔(こうくう)外科の道へ進み、立派な歯科医師となる決意を固めています」と表情を引き締めた。

 成績優秀者とスポーツで好成績を残した卒業生の表彰もあった。(杉浦正至)

(2017年3月14日 中日新聞朝刊岐阜近郊版より)

[2017.03.14]

一覧を見る